3歳限定のダート重賞【レパードS(GIII)】で死の馬番に入ってしまった馬とは!?

3歳限定のダート重賞【レパードS(GIII)】で死の馬番に入ってしまった馬とは!?

  • ラブすぽ
  • 更新日:2022/08/06
No image

どの馬を狙えばいい? 3つのデータから浮かび上がって来た馬とは!?

8月に入って、ますます夏競馬が真っ盛りだ。

今週はダートで重要なレースが行われる。

新潟では3歳限定のレパードS、札幌では古馬重賞のエルムS。

どちらも秋の大きなレースに向けてのステップレースであり、賞金を加算したい馬にとっては、負けられない戦いとなる。

当コラムでは3歳限定のダートレース「レパードS(GⅢ)」に関して、過去10年のデータから勝ち馬を導き出して行く!!

1,牡馬vs牝馬

牡馬が圧倒している。

過去13回の開催で2010年にミラクルレジェンドが勝って以来、牝馬は勝った事のないレースである。

ただ、過去10年の複勝率で見ると牡馬20.1%、牝馬21.4%と遜色ない結果を残しており、牝馬は頭では買えないが、2~3着付けのヒモなら抑えといた方がいいだろう。

2,前走クラスとレース別

前走GⅢクラスが4勝でトップの成績。すべてユニコーンS(GⅢ)。

次いで地方重賞組の3勝となっている。すべてJDD組。

また、条件クラスからの馬も2勝しているが、どちらも2勝クラスを走った馬で、1勝クラスや3勝クラスからの勝ちは無い。

残るはOPクラスの1勝だが、そもそもの出走頭数が少ないため、勝率はGⅢ組19.0%、地方重賞組10.3%に対して、OP組は14.3%と高い勝率を誇っている。侮ると痛い目にあいそうだ。

3,枠番・馬番

枠番では6枠のみ勝ち馬が現れていない。

また3枠と6枠だけ複勝率が20%を切っており、良い枠とは言えないデータとなっている。

その逆で最多の2勝を挙げている枠が、4枠、5枠、7枠となっている。

これを馬番別で見てみると、やはり「死の馬番」が存在する。その番号は③と⑧。過去10年で1度も3着以内がない。

今年は③メイショウユズルハ、⑧トウセツの2頭が入ってしまった。

この3つのデータから勝ち馬候補に近い馬はどれだろう?

牡馬でユニコーンS、またはJDDを走り、最多勝利を挙げている枠に入った、4枠⑥番のビヨンドザファザーと5枠⑨番のハピを推奨したい。

果たしてデータ通りこの2頭のどちらかが勝つのか!?

それとも死神を振り切って③メイショウユズルハや⑧トウセツが勝てるのか!?

発走は8月7日の新潟11レース、15時45分発走予定。

ラブすぽ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加