オリックスが“鬼門”で先制 昨季1勝11敗のZOZOマリンで安達が初回に右前適時打

オリックスが“鬼門”で先制 昨季1勝11敗のZOZOマリンで安達が初回に右前適時打

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/04/07
No image

2回、先制の右前適時打を放つ安達(撮影・開出牧)

「ロッテ-オリックス」(6日、ZOZOマリンスタジアム)

オリックスが先制に成功した。

両チーム無得点で迎えた二回1死一、二塁。打席に入った安達が相手先発・小島の外角直球に反応。打球は右前への先制タイムリーとなった。

チームは昨年6月にZOZOマリンでのロッテ6連戦で6連敗。加えて同球場での昨季勝敗成績は1勝11敗と大きく負け越していた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加