レクサスLX刷新 未来感高まったデカ顔SUV 悪路走行性にデジタルの力

レクサスLX刷新 未来感高まったデカ顔SUV 悪路走行性にデジタルの力

  • 乗りものニュース
  • 更新日:2021/10/14

ラダーフレームの新プラットフォームに

レクサスは2021年10月14日(木)、新型SUV「LX」を発表しました。新型「NX」に続く次世代レクサス第2弾モデルに位置付けられています。

No image

新型LX(画像:レクサス)。

LXはタフさと悪路走破性を特徴とした大型SUVで、世界約50か国で展開。その性能を確保しつつ、新型プラットフォームを採用し約200kgの軽量化を図りました。新パワートレインとなるV6・3.5Lツインターボガソリンエンジンや電子制御ブレーキシステム(ECB)、電動パワーステアリングシステム(EPS)を搭載し、オンロードも向上させつつ、車両使用時の年間CO2排出量を、グローバルの全台数分で約20%低減させているといいます。

今回はデジタル技術の側面からも悪路走行をサポート。各種センサーの情報から走行中の路面状況を推定し、ブレーキ油圧、駆動力、サスペンション制御を最適化するAUTOモードをレクサスとして初採用するほか、車両周辺の状況確認を4つのカメラでサポートする「マルチテレインモニター」で、ドライバーの死角になりやすい車両周辺の路面状況を映し出すとのこと。なかでも「バックアンダーフロアビュー機能」は、バック時に手前で撮影された過去の映像を合成することで“車両を疑似的に透過”し、後輪付近を表示する世界初採用の技術だそうです。

エクステリアにも、レクサスの特徴であるスピンドルグリルの新表現が施されています。7組のフローティングバーで立体形状をつくり、フレームの無いシームレスな構成にしつつ、デザイン性とツインターボエンジン搭載に伴う高い冷却性能を両立させているといいます。

新型LXの日本発売は2022年初頭が予定されています。

乗りものニュース編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加