マリリン・マンソン、女優のエスメ・ビアンコが訴えていた裁判が和解に至ったことが明らかに

マリリン・マンソン、女優のエスメ・ビアンコが訴えていた裁判が和解に至ったことが明らかに

  • NME Japan
  • 更新日:2023/01/25
No image

Photo: GETTY

マリリン・マンソンと女優のエスメ・ビアンコは2021年にエスメ・ビアンコが起こした性的虐待の訴訟について和解に至っている。

『ゲーム・オブ・スローンズ』シリーズでロスを演じているエスメ・ビアンコは2021年2月にマリリン・マンソンへの告発を公表している。虐待は2009年から2011年に行われたとのことで、「囚人のように感じた」と彼女は述べている。翌月、エスメ・ビアンコは性的暴行、身体的虐待、ヒューマン・トラフィッキングで、本名であるブライアン・ワーナーと彼の事務所を訴えていた。

今回、両陣営は和解に至って、訴訟は取り下げられている。和解の詳細な内容は公開されていないものの、エスメ・ビアンコの弁護士であるジェイ・エルワンガーは「エスメ・ビアンコは自身の人生とキャリアを前に進めていくために、ブライアン・ワーナーとマリリン・マンソン・レコーズに対する申し立てを解決することで合意しました」と述べている。

マリリン・マンソンの弁護士であるハワード・キングも和解に至ったことを声明で発表している。2021年の訴訟はマリリン・マンソンが性的暴行やヒューマン・トラフィッキングでカリフォルニア州の法律に違反したことを主張するもので、エスメ・ビアンコのビザがマリリン・マンソンの映像プロジェクトに出演することで出されたものだったため、「機嫌を損ねたら支援を取り下げるという脅し」によって彼女を「コントロールすることができた」と訴えていた。

マリリン・マンソンは2021年2月に女優のエヴァン・レイチェル・ウッドが懐柔、虐待、洗脳を告発したことで、複数の女性から訴訟を起こされている。マリリン・マンソンはそうした主張を否定しており、「皮肉にも嘘で#MeTooのムーヴメントを現金化して搾取しようとしている」として「組織的攻撃」だと述べている。

また、マリリン・マンソンはドキュメンタリー作品『フェニックス・ライジング(原題)』が公開されたことを受けてエヴァン・レイチェル・ウッドを名誉毀損で訴えている。

昨年5月にはマリリン・マンソンに対してパーソナル・アシスタントが起こしていた裁判がロサンゼルス最高裁で棄却されているほか、今月、アシュリー・モーガン・スミスラインが2021年に性的虐待の罪などで訴えていた裁判も棄却されている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加