峠三吉や原民喜らの詩や日記、世界記憶遺産に再申請 原爆文学資料

峠三吉や原民喜らの詩や日記、世界記憶遺産に再申請 原爆文学資料

  • 毎日新聞
  • 更新日:2021/10/14
No image

原爆詩人の原民喜が1945年8月7日、神社の階段でメモをしたためた手帳のレプリカ=広島市役所で2021年10月14日午後3時、山本尚美撮影

広島市の市民団体「広島文学資料保全の会」(土屋時子代表)と同市は14日、原爆詩人の峠三吉ら3人が被爆直後に書いた詩や日記などの資料を、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の「世界の記憶」(世界記憶遺産)への登録を目指して再申請すると発表した。2015年にも申請していたが、国内審査で落選。一方、ユネスコ側で「政治的対立の回避」を理由に新規の登録判断を見送るなど事実上凍結されていた申請の募集が、制度改革により今年7月に再開されたため、新たな資料2点を加えて臨むことにした。

首相に「聞く力」あるか 遠戚、サーローさんの思い

申請する資料は計5点。15年に申請した▽峠三吉の「ちちをかえせ ははをかえせ」の冒頭で知られる「原爆詩集」の最終草稿▽栗原貞子が「生ましめんかな」を書いた創作ノート▽原民喜が被爆直後の様子を記録した手帳――の3点に、峠が1945年8月6日の原爆投下前後の様子を克明にしたためた日記とメモを追加した。会によると、追加の資料はほぼ「原爆詩集」の中の「倉庫の記録」の原形になったものという。

今回の申請書には、カナダ在住の被爆者サーロー節子さんや、国際NGO「核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)」創設者のティルマン・ラフさんらも賛同者として名を連ねている。

広島市内で同会が記者会見し、土屋代表は「3人の作品は25カ国語で翻訳されている。広島出身の総理大臣も誕生した。核なき世界に風向きが変わると信じている」と話した。原民喜のおい、時彦さん(87)は「前回は国内でも選ばれず、広島を忘れたのかと言いたかった」と語り、登録を願った。国内の募集は15日に締め切られ、本審査に応募する最大2件が11月に選ばれるという。

世界記憶遺産として日本からは11年に「山本作兵衛炭坑記録画・記録文書」が登録されて以降、兵器「回天」の特攻隊員の遺品や遺書など、第二次世界大戦関連の申請も増えた。しかし第二次世界大戦関連では15年にシベリア抑留など日本人の引き揚げの記録資料「舞鶴への生還」が登録されたのみ。一方、中国による申請で、日中で犠牲者数などに論争がある「南京大虐殺」の関連資料などが登録されたのを機に、日本政府が政治的中立性を訴えるなど改革を求める声が高まり、ユネスコは17年以降、登録の判断を見送って事実上凍結。ユネスコの執行委員会が今春承認した制度改革で加盟国間での合意を必要とするよう改められた。【山本尚美】

毎日新聞

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加