「勝ち点1をプラスに捉えて進んでいきたい」 高倉麻子監督、なでしこ初戦ドローに安堵【東京五輪】

「勝ち点1をプラスに捉えて進んでいきたい」 高倉麻子監督、なでしこ初戦ドローに安堵【東京五輪】

  • フットボールチャンネル
  • 更新日:2021/07/21
No image

【写真:Getty Images】

【なでしこジャパン 1-1 カナダ 東京五輪・グループリーグE第1節】

東京五輪(東京オリンピック)・グループリーグE第1節のなでしこジャパン(日本女子代表)対カナダ女子代表戦が21日に行われ、1-1の引き分けに終わった。なでしこジャパンの高倉麻子監督が試合を振り返りコメントしている。

前半の早い時間にカナダに先制点を奪われ、後半に入って獲得したPKも失敗するなど1点を追う厳しい時間が続いたなでしこジャパン。それでも84分にエースの岩渕真奈が起死回生の同点ゴールを挙げ、五輪初戦を何とかドローに持ち込んだ。

「初戦なので、非常に難しかったです」と高倉監督は試合後にコメント。「前半はやはり失点したくなかったですけど、追いかける形になって少し重い、苦しい感じもありました」と振り返っている。

それでも後半に入って修正し、「自分たちのリズムでできる時間も増えたかなと思います。何とか粘り強く戦ってくれたので、勝ち点1をプラスに捉えて次に進んでいきたいと思います」と結果に対する受け止め方を語った。

試合の大半の時間を1点ビハインドで過ごした展開の中、岩渕の同点ゴールはまさにチームを救う1点となった。「本当に、なかなかチャンスをたくさん作れなかった中で、あのワンチャンスで決めきってくれたということは非常に頼もしいです」と指揮官も賛辞を送っている。

今後も中2日の過密日程で試合が続いていく。「もちろん一番高いところに向かっていきたいと思いますけど、1試合1試合難しい試合になると思うので、精一杯戦っていきたいです」と高倉監督は見通しを示した。

編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加