3000本限定の「お祓い酒」 新型コロナウイルスの終息を願う日本酒販売へ...【岡山・真庭市】

3000本限定の「お祓い酒」 新型コロナウイルスの終息を願う日本酒販売へ...【岡山・真庭市】

  • OHK岡山放送
  • 更新日:2020/09/16
No image

岡山放送

真庭市の造り酒屋が新型コロナウイルスの終息を願う日本酒、「お祓い酒」を9月17日から販売します。販売開始を前に9月16日、酒をお祓いする清祓式が行われました。

9月17日からお祓い酒として販売される、「美作の極み」、「上撰」「美作」の3銘柄です。瓶には疫病鎮静と書かれた札が掛けられています。

清祓式は、新型コロナウイルスの影響で祭などのイベントが中止になったことなどを受け、神聖な酒を飲むことで疫病の鎮静を祈念しようと行われました。式には酒造りに携わる約20人が参加し、女性杜氏の辻麻衣子さんらが玉ぐしを捧げ新型コロナウイルスの終息を祈念しました。

(辻本店 辻総一郎社長)

「家庭で少しでもストレス」たまる毎日、お酒でほっとやすらぐひとときを過ごしてほしい」

お祓い酒は3000本限定で、9月17日から岡山県内の酒店やスーパーなどで販売されます。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加