フランス1部モンペリエが浦和DF酒井宏樹を獲得へ? 今も現地で高い評価と報道

フランス1部モンペリエが浦和DF酒井宏樹を獲得へ? 今も現地で高い評価と報道

  • ゲキサカ
  • 更新日:2022/06/23
No image

浦和レッズの日本代表DF酒井宏樹モンペリエ(フランス1部)の獲得ターゲットの1人に挙がっているようだ。フランス『フット・メルカート』が同国『レキップ』の報道を基に伝えている。

記事によると、2021-22シーズンのリーグアンで13位だったモンペリエは、新シーズンに向けて新たな右サイドバックを求めている模様。優先順位が最も高いのは、今季ビトーリア・ギマランエス(ポルトガル1部)からサンテティエンヌに期限付き移籍していたマリ代表DFファライ・サコだが、ビジャレアルDFセルジュ・オーリエと酒井の元リーグアン2選手も候補リストに名を連ねているという。

酒井は2016年から2021年までマルセイユに所属し、5シーズンでクラブ通算185試合に出場。1年前から浦和でプレーし、2021年度の天皇杯優勝に貢献した。今季はここまでJ1リーグ戦で7試合、ACLで3試合に出場。現在は負傷離脱中となっている。

フランス『フット・メルカート』は「マルセイユが今冬に呼び戻そうとしたこの選手は、フランスで良い評判を保ち続けている。彼は経験豊富でリーグアンをよく知っているという利点があり、モンペリエは彼のプロフィールを気に入っている」とレポートした。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!

●2022シーズンJリーグ特集ページ

●DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

●フランス・リーグアン2021-22特集

Gekisaka

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加