「怒りは理解できる」クロップ、トゥヘル、アルテタら、欧州スーパーリーグ構想に賛同したプレミアクラブの指揮官が語ったのは?

「怒りは理解できる」クロップ、トゥヘル、アルテタら、欧州スーパーリーグ構想に賛同したプレミアクラブの指揮官が語ったのは?

  • サッカーダイジェストWeb
  • 更新日:2021/04/20
No image

監督にとっても晴天の霹靂であったようだ。左からチェルシーを率いるトゥヘル、アーセナルのアルテタ、リバプールのクロップ、マンUのスールシャール。(C)Getty Images

現地時間4月18日、欧州スーパーリーグ(ESL)の構想が正式に発表され、フットボール界に衝撃が走った。これに対して欧州サッカー連盟(UEFA)はチャンピオンズ・リーグなどの国際試合、国際サッカー連盟(FIFA)は主催するワールドカップなどへの選手の参加を認めないなどの声明を発表し、全面対決の様相となっている。

プレミアリーグからは、“ビッグ6”と呼ばれるメガクラブの参加が明らかになっている。すでに欧州クラブ協会(ECA)から脱退し、ESLに本気の構えだ。

渦中にある各クラブの監督らが語ったコメントについて、英スポーツチャンネル『Sky Sports』が報じている。

19日にフルアムと対戦し、1-1のドローに終わったアーセナル指揮官のミケル・アルテタは「何も知らない」とコメントし、「すべての詳細を知り、すべての情報を手に入れれば、私は自分の意見を述べることができる」と語るにとどめた。

マンチェスター・ユナイテッド指揮官のオレ・グンナー・スールシャールも「(19日の朝に)ニュースで見た」と明かし、「全てのことを知っているわけではない。私はそれを知る必要があるし、クラブが何かしら発表するだろう」と具体的な意見は述べていない。
20日にブライトン戦を控えるチェルシー指揮官のトーマス・トゥヘルは、記者にESLについて意見を求められると、「クラブが正しい決断をすると信じている」と語っている。

「私はこのクラブの一員で、厳しいコンペティションで戦いたいと思っている。すべてを判断するには時期尚早だろうし、それは私の役目ではない。この意志決定に我々スタッフや選手は関与していない。正直に言うと、こうしたスポーツ界の政治には関与しないことが最善だと思っている。我々の頭上で起こっている出来事だ」

また、19日にリーズ・ユナイテッドとの試合を終えたリバプール指揮官のユルゲン・クロップは、サポーターがESL参加に抗議する弾幕を掲げるなどの行動に出たことについて、「彼らの怒りは理解できる」とコメントしたという。地元紙『LivepoolEcho』が報じている。

「だが、それは私の問題ではないと考えている。チームのための怒りは受け止めるが、その問題についてはオーナーが言うべきことを言うときが必ず来る。そう確信している。

ドイツではCEOや社長、オーナーが監督に話を聞かずに決断することはよくある。そういうことに慣れているが、巻き込まれたくはない。私はサッカーの監督としてここにいるので、人々がそうさせてくれる限り、その任務を全うする」

ESLが発表されたことで、クラブを率いる指揮官の心境も決して穏やかではないだろう。サポーターの反乱も含む衝撃の発表は、フットボール界に小さくない波紋を広げている。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加