櫻井翔×広瀬すずW主演で連ドラ ポンコツ×天才“凸凹探偵バディ”で3度目共演

櫻井翔×広瀬すずW主演で連ドラ ポンコツ×天才“凸凹探偵バディ”で3度目共演

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/02/23
No image

ドラマ「ネメシス」でダブル主演する櫻井翔(右)と広瀬すず

女優の広瀬すず(22)と嵐の櫻井翔(39)が、4月クールの日本テレビ系連続ドラマ「ネメシス」(日曜、後10・30)でW主演することが21日、分かった。「SR サイタマノラッパー」シリーズで知られる映画監督・入江悠氏(41)を総監督に、映画制作陣が集結して手掛けるオリジナルのミステリー。櫻井がポンコツ探偵、広瀬が天才すぎる助手という“凸凹バディ”を演じる。

広瀬と櫻井の共演は映画「ラプラスの魔女」(2018年)、共に司会を務めた「NHK紅白歌合戦」(同)に続き3度目。正義の鉄ついで悪を砕くギリシャ女神「ネメシス」を冠した探偵事務所を舞台に、天才的ヒラメキを誇るが無鉄砲な美神アンナ(広瀬)と、ポンコツだが人望に厚い風真尚希(櫻井)が難事件に挑む。2人のイメージを根底から覆すバディぶりが話題を呼びそうだ。

櫻井は昨年末の嵐の活動休止後、初のドラマ出演で、主演は同局系「先に生まれただけの僕」(17年)以来4年ぶり、俳優活動は「ラプラス-」以来3年ぶり。広瀬の連ドラ出演は、NHK連続テレビ小説「なつぞら」以来、2年ぶりとなる。

プロデューサーには「キングダム」や「ちはやふる」などの大ヒット映画を手掛け、入江氏とは映画「AI崩壊」や「22年目の告白-私が殺人犯です-」で組んだ北島直明氏を迎え、気鋭の推理小説作家たちが各話のトリックを監修。北島氏は「最終回までに、気鋭の新人俳優から名優・名女優、総勢75名以上の俳優が出演します」と予告した。

櫻井は「オリジナル作品のミステリーであること、そして映画スタッフが集結するというスケールの大きさに驚きました」と明かし、「入江監督のもと、まるで映画の撮影をしているかの様な空気が流れる中、緊張感がありながらも楽しみながら撮影を進めています」と、久々の演技に充実感たっぷり。広瀬は「自由人なアンナを、楽しみながら見てもらえたらうれしいです」とアピールした。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加