山里亮太、宮崎空港の愛称「トップクラスにオシャレ」 独特なトイレ看板にも言及

山里亮太、宮崎空港の愛称「トップクラスにオシャレ」 独特なトイレ看板にも言及

  • Sirabee
  • 更新日:2022/01/15
No image

南海キャンディーズの山里亮太が15日、自身の公式ツイッターを更新。宮崎でのイベントのために利用した宮崎空港について、空港の名前とトイレのピクトグラムに言及した。

【写真】愛称が「一番オシャレ」だと宮崎空港を紹介

■宮崎空港の愛称「一番オシャレ」

山里は宮崎空港に付けられた愛称“宮崎ブーゲンビリア空港”を「僕が知ってる空港史上トップクラスにオシャレな名前」だと紹介。この愛称は、2016年に空港の普及活動などを目的に公募し、3,048件にものぼる応募の中から選ばれたのだという。

関連記事:コロナ陽性を隠すため陰性の妻に扮し飛行機に 身勝手すぎる男を起訴へ

■有名漫画の空港名称も

なお、宮崎空港のみならず中部国際空港の「セントレア」や東京国際空港(羽田空港)の「ビッグバード」など、各地の空港にはさまざまな愛称がつけられている。

中にはアニメや漫画に関連付けられた相性もあり、『名探偵コナン』の作者・青山剛昌氏が出身地であることから鳥取空港は「鳥取砂丘コナン空港」、故・水木しげるさんの出身地である鳥取県境港市では「米子鬼太郎空港」だったりもする。

■トイレのマークを「楽しんでる」

また山里が「僕が知ってるトイレのマーク史上最も楽しんでるトイレ」と語るのが、宮崎空港のトイレの看板。トイレのマークと言えば丸と三角形の組み合わさったマークがおなじみだが、山里の投稿した写真にはゴルフのスイングをする男性と花が描かれている。

これに関し、トイレとの関連性が低いことからフォロワーからは「トイレで何をするんだ」と困惑の声も寄せられた。

■空港の愛称をオシャレと紹介

僕が知ってる空港史上トップクラスにオシャレな名前。
宮崎ブーゲンビリア空港。

僕が知ってるトイレのマーク史上最も楽しんでるトイレもある。 #山里亮太の140宮崎 pic.twitter.com/J9lirVxvKA
— 山里 亮太 (@YAMA414)
January 15, 2022
from Twitter

・合わせて読みたい→着陸態勢の飛行機から民家に驚きの落下物 「臭いし汚いし悲惨な状態」と住民

(文/Sirabee 編集部・綾崎 かなめ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加