プロ野球は予定緒通り2・1キャンプインへ キャンプ地の感染状況注視を前提に

プロ野球は予定緒通り2・1キャンプインへ キャンプ地の感染状況注視を前提に

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/01/13
No image

NPB・斉藤惇コミッショナー

日本野球機構(NPB)とサッカー・Jリーグ合同での「新型コロナウイルス対策連絡会議」が12日、オンライン形式で行われ、政府が1都3県を対象に緊急事態宣言を発令している中、プロ野球、Jリーグのキャンプを予定通り行う方向で確認された。

プロ野球は2月1日から各球団が一斉にキャンプインとなるが、キャンプ地となる宮崎、沖縄での感染状況を注視していくことを前提としながら専門家チームの愛知医科大・三鴨広繁教授は「キャンプを遅らせてシーズンが後ろにいけば、また試合数を減らすとかにつながる」と指摘した。

その上で「シーズンを考えた上では、基本的にはキャンプを延期するという策は、ほとんど考えない。いかに安全にやるかに議論は集中した」と、キャンプが開催される地方自治体、医療関係者との密接な連携の上で、キャンプを予定通り進める方向で話し合われたことを明かした。

プロ野球の斉藤コミッショナーもキャンプ地の自治体と綿密な話し合いを続けてきたとし、「両者とも2月1日から粛々とどうやってやるかという方へ知恵を出し合っている。よほどのことがない限りキャンセルをしたり(開始を)延ばすことは考えられない」と話した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加