中居正広、コロナに感染していた劇団ひとり自宅に大量食料置き配 高級ブドウも差し入れ

中居正広、コロナに感染していた劇団ひとり自宅に大量食料置き配 高級ブドウも差し入れ

  • 日刊スポーツ(エンタメ)
  • 更新日:2022/05/15
No image

劇団ひとり(2021年11月撮影)

新型コロナウイルスに感染していたお笑い芸人の劇団ひとり(45)が14日、出演するテレビ朝日系情報番組「中居正広のキャスターな会」(土曜正午)のコメンテーターに復帰した。

39度以上の高熱となったひとりは、2週前の4月30日に続き、前週7日の放送を休養。ひとりの休養中、番組内で特段連絡を取っていないと話していた中居だったが、ひそかにひとりの自宅を訪問。ひとりは、中居が大量の食料を届けいたことを明かした。接触しない形で高級ブドウまで差し入れた中居は「体に気を付けてくださいね」と励ました。

ひとりは「すごいですよ。本当にお見舞いありがとうございました」と中居の心遣いに感謝した。

ひとりが所属する太田プロダクションは、4月27日に公式サイトで感染を発表。PCR検査を受けて陽性と判明し、医療機関の指導を受け自宅で療養していた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加