堀内恒夫氏、オリ宮城は「安定感があっていいピッチャー」

堀内恒夫氏、オリ宮城は「安定感があっていいピッチャー」

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2021/06/10
No image

堀内恒夫氏

(セ・パ交流戦、オリックス3-1巨人、2回戦、オリックス1勝1分、9日、京セラ)オリックスの宮城は七回2死まで安打を許さず、7回を1四球の1安打1失点でチームトップの6勝目を挙げた。99球で自己最多の13三振を奪った。

元巨人監督の堀内恒夫氏(73)は10日、自身のブログで「安定感があっていいピッチャーだね。まっすぐはスピードがあってキレもよし。宮城くんが左投げということで巨人は右バッターを並べてきたんだろうけど宮城くんには関係なかったね」と評価した。

「右バッターのインコースに平気で投げてくる。右バッター攻略の基本 体の近くに速いボール 外に緩いボール 宮城くんは、その基本通りに攻めてきて巨人は基本通りに打てなくてやられた この若さでこのスキル これからが期待できますよ」と太鼓判を押していた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加