“財務省の公文書改ざん問題” 自殺した職員妻の損害賠償を求めた裁判、大阪地裁が訴えを退ける

“財務省の公文書改ざん問題” 自殺した職員妻の損害賠償を求めた裁判、大阪地裁が訴えを退ける

  • ABEMA TIMES
  • 更新日:2022/11/25
No image

学校法人森友学園をめぐる“財務省の公文書改ざん問題”で、改ざんを強いられて自殺した職員の妻が佐川宣寿元理財局長に損害賠償を求めた裁判で、大阪地裁は訴えを退けた。

【映像】自殺した職員の妻に訴えられている佐川宣寿元理財局長

近畿財務局の職員だった赤木俊夫さん(当時54)は、学校法人森友学園との土地取引をめぐる公文書の改ざんを指示され2018年に自殺した。妻の雅子さん(51)は2020年、俊夫さんが自殺した経緯や具体的な改ざんの指示を明らかにするため、国と佐川宣寿元理財局長に損害賠償を求めて提訴した。

国は2021年12月、雅子さん側の請求を受け入れる「認諾」を表明して訴訟を終わらせ、佐川氏への請求だけが残っていた。佐川氏側はこれまでの裁判で「国家公務員が職務の中で他者に損害を与えた場合、公務員個人は責任を負わない」と主張。雅子さん側は「本件は特別に悪質な行為で、違法性は重大」として例外だと訴えたが、大阪地裁はきょう、訴えを退けた。(ANNニュース)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加