野手最後の「ダイエー戦士」が引退 明石健志、現役19年目でピリオド 「ミスタースリーベース」が決断

野手最後の「ダイエー戦士」が引退 明石健志、現役19年目でピリオド 「ミスタースリーベース」が決断

  • 西日本スポーツ
  • 更新日:2022/09/23
No image

ソフトバンクは23日、明石健志内野手(36)が今季限りで現役を引退すると発表した。同日昼に引退会見が開かれる。

明石は山梨学院大付高を経て、ダイエー最終年となった2004年にドラフト4位で入団。俊足好打の内野手として1年目からプロ初安打をマークすると、12年にはレギュラーとして135試合に出場し、打率2割5分4厘、1本塁打、27打点、25盗塁をマークした。プロ19年間の通算成績は1007試合で647安打、打率2割5分2厘、17本塁打、213打点、93盗塁。

ダイエー時代に入団し、今季も現役でプレーしたのは明石と和田(ソフトバンク)の2人だけ。明石は野手では唯一の「ダイエー戦士」だった。通算三塁打36本は現役10位の数字で、ファンからは「ミスタースリーベース」の異名でも愛された。

西日本スポーツ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加