秋華賞はキズナ産駒がコース勝率1位。ならば狙うべき馬が2頭いる

秋華賞はキズナ産駒がコース勝率1位。ならば狙うべき馬が2頭いる

  • Sportiva
  • 更新日:2020/10/16

10月18日、京都競馬場でGⅠ秋華賞(芝2000m)が行なわれる。

このレースは、春のGⅠ桜花賞(阪神/芝1600m)、GⅠオークス(東京/芝2400m)に続く3歳牝馬の3冠レース最終戦。今年は無敗の2冠牝馬デアリングタクト(牝3歳/栗東・杉山晴紀厩舎)が、史上初の「無敗3冠牝馬」になるかが最大のポイントになる。

◆秋華賞でデアリングタクトに死角あり?一抹の不安をあら探しした
今回は、レースの舞台となる「京都/芝2000m」の適性を、種牡馬というファクターから見ていこう。

デアリングタクトの父、エピファネイア産駒の「京都/芝2000m」の成績は、18戦2勝、2着3回で勝率11.1%、連対率27.8%と悪くない成績だ。ロールオブサンダーが1勝クラスの紫菊賞を勝ち、GⅢ京都2歳Sで3着。さらに、アリストテレスがL若駒Sで2着に入るなど、特別戦や重賞でも結果を残している。

デアリングタクトにとっては初の2000mではあるものの、1600mと2400mで勝利を挙げ、京都コースでも1600mで2勝とコース面の不安は感じられない。オークス以来約5カ月ぶりの出走となるが、状態さえ整っていれば力を出せそうだ。

過去10年の京都/芝2000mの種牡馬成績では、ディープインパクトが74勝(465戦)でトップ。2位はキングカメハメハで37勝(292戦)と、やはり大種牡馬の名が並ぶが、下位で気になるのがキズナだ。

キズナは現3歳が初年度産駒なのでレース数は33と少ないが、6勝、2着2回で勝率は18.2%、連対率は24.2%。勝利数上位20頭の種牡馬の中でもっとも高い勝率を残している。種牡馬デビューが2年早かったオルフェーヴル、ロードカナロアの5勝をすでに上回っているのも評価できるポイントだ。キズナの姉ファレノプシスが1998年の秋華賞馬であることも、適性の高さを裏づける要因のひとつになるだろう。

今年の秋華賞に登録されたキズナ産駒は、アブレイズ、ダンツエリーゼ、フィオリキアリ、マルターズディオサの4頭。中でも穴っぽい雰囲気を漂わせているのがアブレイズ(牝3歳/栗東・池江泰寿厩舎)だ。

No image

3月のGⅢフラワーCを勝利したアブレイズ

同馬は3月のGⅢフラワーC(中山/芝1800m)で重賞初勝利を飾ったが、GⅠオークスでは17着、前走のGⅡローズS(中京・芝2000m)では12着と大敗。ただ、前走はややイレ込み気味で力を出し切れていない感もあった。馬体が18kg増えていたのも、単純に成長した部分もあるだろうが、状態が万全ではなかった可能性が高い。京都の芝2000mでは、新馬戦で勝利を挙げていることもあり、巻き返しの余地はあるだろう。

母の父ジャングルポケットは、2011年の勝ち馬アヴェンチュラ、2010年の3着馬アプリコットフィズの父でもある。さらに、牝系は英ダービー馬ラムタラや、全欧3歳牝馬チャンピオンのボスラシャムが出た名門で、血統的にも申し分ない。2連敗中とあって今回は人気を落としそうだが、一発があってもおかしくない1頭だ。

また、マルターズディオサ(牝3歳/美浦・手塚貴久厩舎)は前哨戦のGⅢ紫苑S(中山/芝2000m)を勝っての参戦。春にもGⅡチューリップ賞(阪神/芝1600m)を勝ち、昨年はGⅠ阪神ジュベナイルフィリーズ(阪神/芝1600m)でも2着と、すでにトップクラスの実力を見せている。

桜花賞は8着、オークスは10着と敗れているが、桜花賞は重馬場、オークスは距離が敗因だろう。秋華賞は前走で勝利した2000mのため、馬場さえ悪くならなければ上位争いができそうだ。

以上、今年の秋華賞はデアリングタクトの実力を尊重しつつ、アブレイズ、マルターズディオサのキズナ産駒2頭の激走に期待したい。

平出貴昭●文 text by Hiraide Takaaki

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加