【巨人】試合終了...と思いきや増田大輝が落球 クロールは勝利確信し小林とハイタッチしかける

【巨人】試合終了...と思いきや増田大輝が落球 クロールは勝利確信し小林とハイタッチしかける

  • 日刊スポーツ(野球)
  • 更新日:2022/08/07
No image

6日 ヤクルト対巨人 9回裏ヤクルト2死一塁、西田の飛球を落球し、うなだれる増田大(撮影・菅敏)

<ヤクルト2-3巨人>◇6日◇神宮

試合終了…と思いきや、まさかの落球だった。中堅手の巨人増田大輝外野手(29)が1点リードの9回2死一塁、代打西田の飛球の落下点に入る。投手のクロールは勝利を確信し、マウンドを降りて小林とハイタッチをしかけた。しかし、グラブの土手にあたって落球。ベンチも騒然となるプレーで2死二、三塁の大ピンチを招いた。

それでも、クロールが後続を打ち取り、3連勝。原監督の通算1200勝は無事達成された。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加