少女が不死の騎士たちを仲間にして滅びた世界を探索する高難度2Dアクション「ENDER LILIES: Quietus of the Knights」レビュー

少女が不死の騎士たちを仲間にして滅びた世界を探索する高難度2Dアクション「ENDER LILIES: Quietus of the Knights」レビュー

  • GIGAZINE
  • 更新日:2021/05/03

Steam:ENDER LILIES: Quietus of the Knights

https://store.steampowered.com/app/1369630/ENDER_LILIES_Quietus_of_the_Knights/

「ENDER LILIES: Quietus of the Knights」の最大の特長の1つは、屈強な戦士ではなくか弱い少女「リリィ」を操作して敵と戦い、倒すことでその敵を仲間にすることができるという点です。以下のムービーを再生すると、実際に最初のボス「守り人シーグリッド」を倒して加勢してもらうまでの様子を見ることができます。

「ENDER LILIES: Quietus of the Knights」でボスを倒して仲間にしてみた - YouTube

朽ち果てた祭壇のような場所で目覚めた記憶喪失の少女「リリィ(左)」が、このゲームの主人公です。リリィを目覚めさせた「黒衣の騎士(右)」も事情は知らないようですが、ひとまず手を貸してくれることに。

No image

リリィは自分では攻撃できないので、「黒衣の騎士」が代わりに剣で攻撃をしてくれます。これが、このゲームにおける「通常攻撃」にあたります。

No image

マップの主な移動手段は左右の移動とジャンプです。

No image

マップには、随所にアイテムが落ちており……

No image

拾うことで強化アイテムを入手したり、物語をひもとく助けとなる「Tip」を見たりすることができます。

No image

また、壁だと思っていた場所に思わぬ空間が出現することもあります。

No image

最初の場所から少し進むと、ボス「守り人シーグリッド」が登場。

No image

鉄球を振り回す範囲の広い攻撃を繰り出してくる難敵です。

No image

通常攻撃でHPを減らして追い詰めると変身しました。

No image

基本的に防御手段はないので、戦闘は回避が主体です。また、ボスを含む全ての敵にはHPゲージ(上)のほか、スタンゲージ(下)があり……

No image

攻撃してスタンゲージを減らしてゼロにすると、体勢を崩して一定時間動かなくなり、一気に攻撃するチャンスが生まれます。スタンゲージは時間経過で回復してしまうので、いかに攻撃を畳みかけてスタンさせるかがポイントになります。

No image

2~3回も攻撃を受けるとプレーヤーキャラのHPが尽きてしまいますが、3回までは回復することが可能。ただし、回復量は最大HPの6割ほどしかなく、回復すると隙も生じるので、いつ回復するかも重要です。

No image

なんとか撃破。リリィが亡きがらに触れると……

No image

「守り人シーグリッド」の記憶がフラッシュバックしてきます。どうやら、この女性は生前リリィと縁がある人物だった模様です。

No image

亡者と化した「守り人シーグリッド」が、リリィが持つ浄化の力で仲間になったことで、スキル「守り人シーグリッド」が使えるようになりました。

No image

マップには時折「レストポイント」があり、休憩することでHPなどの回復やスキルのセットが可能。セーブもこの「レストポイント」で行います。

No image

先ほど入手したスキルをセットすることで……

No image

敵だったころに「守り人シーグリッド」が繰り出してきた、鉄球を振り回す攻撃ができるようになりました。なお、一部のスキルは使用できる回数に限りがありますが、レストポイントで休憩すれば使用回数が回復します。

No image

また、2段ジャンプも可能になったため、これまで行けなかった高所にも行けるようになり、探索の幅が広がりました。

No image

同時に使えるスキルは最大で3つですが、「レストポイント」でスキルを2セットまで設定することができるので……

No image

最大で6つのスキルを使い分けて戦闘を行うことができます。

No image

◆多彩なスキルを使って戦闘してみた

以下のムービーでは、実際にさまざまなスキルを使いながら戦闘しているのを見ることが可能です。

「ENDER LILIES: Quietus of the Knights」でさまざまなスキルを切り替えて戦闘 - YouTube

スキルは大きく分けて、使用回数が無限の「通常攻撃」タイプと使用回数に限りがある「特殊攻撃」タイプに分かれます。剣で素早い3連攻撃ができる前述の「黒衣の騎士」と……

No image

大きなハンマーで広範囲の攻撃ができる「老戦士ゲルロッド」が「通常攻撃」タイプ。

No image

「老戦士ゲルロッド」は、空中で出すと空を飛んでいる敵をたたき落として追加ダメージを与えることができます。

No image

上記の2つ以外は回数に制限がある「特殊攻撃」タイプです。「守り人シーグリッド」は発動すると同じ場所で前後に鉄球を振り回し、その間リリィは自由に行動できるので、挟み撃ちの状態を切り抜けたり、通常攻撃と同時に繰り出して一瞬で敵をスタンさせたりするのに使えます。

No image

「崖の村の少年」は地面に着弾すると爆発する飛び道具で、山なりの軌道で飛んでいくので高低差がある場所で便利です。

No image

「西の商人」はリリィの頭上を滞空しながら自動で攻撃するので、敵が多い場所やボス戦で重宝します。

No image

「菌の魔術師」は、一定時間ダメージを与え続ける毒の霧を発生させるので、動きが遅くHPが多い相手に有効です。

No image

「首なしの騎士」は、盾で攻撃を受け止める唯一の防御手段です。盾を構える時間は1秒程度しかありませんが、タイミングよく攻撃を受け止めると強力なカウンター攻撃を出します。

No image

ゲームを進めると水の中を進めるようになります。水中では多くの行動が制限されますが、一部のスキルは地上と水中の両方で使用可能です。竜巻を発生させて当たった敵を吹き飛ばす「花の魔女」や……

No image

緩やかに敵を追尾する弾丸を発射する「黒の魔女イレイェン」などが水中でも使えるタイプに該当します。早期アクセス版で使用可能なスキルはこの9種類のみですが、製品版では26種類のスキルが使えるとのこと。

No image

◆そのほかのポイント

「ENDER LILIES: Quietus of the Knights」のもう1つの特徴は、目の覚めるような美しいグラフィックや……

No image

もの悲しげなダークファンタジーの雰囲気をよく表現しているBGMです。本作の音楽は、アニメ「ゴブリンスレイヤー」のオープニングテーマや、アニメ「攻殻機動隊 SAC_2045」のエンディングテーマなどで知られる音楽集団「Mili」が担当しているとのこと。

No image

戦闘は難しめで油断するとすぐに倒されてしまいますが、倒されても最後に休憩したレストポイントで何度でも復活できて、ペナルティもありません。アクションゲームが好きな人なら、ほぼ間違いなくやり応えを感じられますが、難易度選択がないためアクションゲームが苦手な人には少し厳しい可能性があります。

また、スキルの強化やアイテムの装備といった要素があるものの、いずれもスキルの使用回数が増えたり攻撃の威力が上がったりするものがほとんどでアクション性が大きく変わることはないので、育成要素やカスタマイズ性の幅は少し狭い印象を受けました。ただし、この点は育成を間違えてゲームが詰まったりしないということでもあるので、一長一短だと言えます。

No image

探索中に拾えるTipや敵キャラクターのセリフを注意深く読んでいると、直接語られないストーリーや設定が見えてくるので、独特な雰囲気に没入する助けになります。また、レストポイント間を一瞬で移動できる「ファストトラベル」が序盤で使えるようになるほか、取り残した要素の有無でマップが色分けされているので、探索はストレスフリーです。そのため、「ENDER LILIES: Quietus of the Knights」はダークファンタジーの世界観や探索要素が好きな人向けのアクションゲームだと感じました。

No image

2021年1月21日に早期アクセス版が公開された「ENDER LILIES: Quietus of the Knights」は、6月22日にPC向け製品版とNintendo Swich版が税込2728円でリリースされます。また、PlayStation4/5には7月6日にリリースされるほか、 Xbox OneやSeries X/Sでもリリースが予定されていますが、記事作成時点のところ配信日は不明です。

Steam:ENDER LILIES: Quietus of the Knights

https://store.steampowered.com/app/1369630/ENDER_LILIES_Quietus_of_the_Knights/

No image

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加