4強入りは豊島将之九段か菅井竜也八段か 朝日杯将棋

4強入りは豊島将之九段か菅井竜也八段か 朝日杯将棋

  • 朝日新聞デジタル
  • 更新日:2022/01/15
No image

"大盤解説会場で豊島将之九段-菅井竜也八段戦の解説をする行方尚史九段(左)と安食総子女流初段=2022年1月15日午後2時31分、名古屋市の名古屋国際会議場、村上耕司撮影"

第15回朝日杯将棋オープン戦(朝日新聞社主催)の本戦2回戦が15日午後2時15分、名古屋市熱田区の名古屋国際会議場で始まった。午前の1回戦でそれぞれ勝利を挙げた豊島将之九段(31)と菅井竜也八段(29)が対戦。振り駒で先手番となった豊島九段が飛車先の歩を突いて居飛車に構えると、菅井八段は向かい飛車戦法で対抗した。

藤井聡太四冠の成長、乗り越えた豊島前竜王の壁 記者が見つめた姿

朝日杯は持ち時間が各40分で、使い切ると1手1分未満で指す早指し戦。本戦は予選を勝ち抜いた8人とシードの8人の計16人がトーナメントで争う。

15日午前に行われた1回戦で豊島九段は梶浦宏孝七段(26)を、菅井八段は渡辺明名人(37)=棋王・王将と合わせ三冠=を破った。対局が長引いたため、2回戦は当初の予定より15分遅れで始まった。各対局は新型コロナウイルス感染拡大防止対策を講じた中、公開で行われ、訪れたファンが静寂の中で見守った。

名古屋国際会議場内の別室では、行方尚史九段、杉本昌隆八段の解説による大盤解説会も開かれている。

16日には4度目の優勝を狙う藤井聡太竜王(19)=王位・叡王・棋聖と合わせ四冠=が船江恒平六段(34)と、永瀬拓矢王座(29)が阿久津主税八段(39)と対戦する。

棋譜と大盤解説会の模様は朝日新聞デジタル(https://digital.asahi.com/shougi/asahicup_live/)で、対局の模様はインターネットテレビABEMAで見られる。(村上耕司)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加