中森明菜“全シングルアナログBOX”、ミッツ・マングローブが特別寄稿

中森明菜“全シングルアナログBOX”、ミッツ・マングローブが特別寄稿

  • テレ朝news
  • 更新日:2021/05/01
No image

5月1日にデビュー40年目を迎えた歌手・中森明菜(55)。6月9日にワーナー期全シングルのアナログBOX「ANNIVERSARY COMPLETE ANALOG SINGLE COLLECTION 1982-1991【30枚組】」を発売する。今回、同BOXにタレントのミッツ・マングローブ(46)による特別寄稿が掲載されることが発表された。

ミッツは、明菜のことが好き過ぎるあまりライブに行くことが出来なかったといい、子どもの頃にはテストの答案用紙の名前を「中森明菜」と書いて先生に呼び出されるという逸話を持つほどの筋金入りの大ファン。寄稿は、「中森明菜ほど、聴く者・観(み)る者の想像力を掻(か)き立てる歌手を私は知りません」から始まり、簡潔ながらもさまざまな感情が込められた文章になっている。

また、この日からデビュー曲「スローモーション」と「赤い鳥逃げた」の最新リマスター音源の配信がスタート。今後1年をかけてオリジナル発売日にリマスター音源を配信していく企画の第1弾で、次回は18日に「TATTOO」が配信される。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加