吉田朱里プロデュース NMB48・7期研究生公演が開幕

吉田朱里プロデュース NMB48・7期研究生公演が開幕

  • RBB TODAY
  • 更新日:2020/11/22
No image

(C)NMB48

もっと画像を見る

11月21日に大阪・NMB48劇場にて吉田朱里プロデュース 7期研究生公演「Will be idol」の初日公演が行われた。

まずは開演前、吉田がナレーションで登場。公演名を「Will be idol」としたことを発表し、「アイドルとして成長してほしい。私が残したいもの、伝えたいものがたっぷり詰まっています」と、思いを語った。公演がスタートすると、11名の7期生中、7人が「LOVE修行」を披露。続けて「Seventeen」「恋なんかNo thank you!」をパフォーマンスした。

その後は、MCやユニット曲はさんで「Choose me」「制服が邪魔をする」「最後のカタルシス」を歌唱。黒田楓和が代表して「NMB48にとって大切な楽曲です。これまでのNMB48の歴史を作ってくださった先輩方の思いや考えを私達が一丸となって引き継いでいきたいです」と決意を語った後、本編ラストで「絶滅黒髪少女」を披露。

アンコールでは、「らしくない」「僕が負けた夏」「待ってました新学期」「高嶺の林檎」をメドレーで歌唱し、公演は幕を閉じた。無事初日を終えた同公演について、プロデュースした吉田は「劇場って本当に原点だと思うんです。私もここ数年は外でいろんなお仕事をさせてもらいながら、やっぱり劇場に帰ってくるとその時の自分がわかるというか。今、自分はダメやなってわかるのも劇場だし、今日の自分はいいなと思うのも劇場。トークでこういうところがダメだなって反省するのもそうですし、ホームである劇場をすごく大事にしてほしいです」と7期生に呼びかけている。

KT

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加