弁当店で火災、店主の男性けが 関ケ原町

弁当店で火災、店主の男性けが 関ケ原町

  • 岐阜新聞Web
  • 更新日:2021/10/14
No image

14日午前8時40分ごろ、岐阜県関ケ原町関ケ原の弁当店から出火、木造2階建て店舗兼住居約180平方メートルを焼き、約1時間25分後に消えた。店主の男性(89)が消火作業中に転倒して太ももの骨を折ったほか、両手と顔にやけどを負った。

垂井署によると、男性は1人暮らし。出火当時は1階の店舗部分で、弁当を作るためガスこんろで調理していた。署が出火原因を調べている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加