【エコワークスがつくった新築住宅】(福岡市)木に囲まれて暮らせるシンプルで開放的な家を求めて

【エコワークスがつくった新築住宅】(福岡市)木に囲まれて暮らせるシンプルで開放的な家を求めて

  • FUKUOKAナビ
  • 更新日:2021/09/17
No image

所有するものを最低限に抑え、シンプルな暮らしを
大切にしているIさん夫妻。素材とデザインにこだわり
開放感あふれる美しい住まいをつくり上げました。

No image

外構は土木業を営むIさん自ら工事。杉の木目が刻まれた外壁のモルタルは、オリジナルの型枠で仕上げた特注品。汚れないように仕上げにフッ素加工を施した

所有していた農地を宅地に造成し、新たな家を建てることにした。「当初は大手ハウスメーカーに相談していたのですが、素材にこだわれず、会社のカラーに合わせるように打ち合わせが進み、言いたいことが伝わらないもどかしさを感じるようになりました。そこで、他社も検討したくなって、ネットで検索してエコワークスを見つけたんです。モデルハウスを見て、木をふんだんに使っていることや、床下に温風を入れて家全体を温める『床下エアコン』の発想が気に入って。そして何より、要望をしっかり聞いてくれるスタッフの存在が、依頼の決め手になりました」。

ご希望は、木に囲まれて暮らせる、シンプルで開放的な家。「以前住んでいたのは築150年の古民家。昔ながらの和風の家の良さは十分味わったので、今度は今どきのデザインにしたくて。自然素材にこだわって、床は赤松、LDKの天井には節無しの無垢材を張り、壁は珪藻土にしました」。さらに[エコワークス]が提案する省エネ基準の家づくりに共感。ZEHよりも厳しい基準をクリアした住宅に与えられる『LCCM住宅認定』を取得することにした。「最先端技術への対応に感心したし、いい家なら次世代の人にも引き継げる。住まいの価値を高めるためにそういう視点を取り入れることにしました」。

構造の梁や柱を一部現しに。リビングの天井は緩やかに傾斜させ、節無しの杉の無垢材を張っている。大空間をエアコン一台で冷暖房できる住宅性能の高さを兼ね備えた住まい

夫婦とお母様の3人暮らしの家は、扉をすべて引き戸にした、段差のないバリアフリーの平屋建て。LDKは廊下や和室オープンにつながり、家族団らんの空間はとてもゆったりとしている。「耐震性を上げるためにもっと壁を増やす方がいいといわれましたが、開放感を求めて、極限まで窓を大きくしてもらいました」。

No image

周囲に田んぼや畑、果樹園が広がり、遠くには耳納連山を望むロケーション。大きな窓一面に見える風景が絵画のよう

No image

琉球畳の和室。仏壇を中心に据え、押し入れをシンメトリーに配置。建具は襖でなく杉板を縦張りにした扉ですっきりと

No image

見学会の事例を参考にして、リビングにはトップライト風にハイサイド窓を設けた。間接照明を随所に取り入れた照明プランが落ち着いた雰囲気を醸し出している

延ばした軒裏に無垢の木を張ったり、物干しユニットを部屋の中から見えない場所に取り付けたり、窓の外の田園風景を絵画のように楽しむため、視界に入るノイズを極力なくす工夫も凝らした。開口部は大きくても、トリプルサッシを採用して断熱性を高めたり、東と西からの強い日射を遮る場所には壁を設けたりと、住みやすさへの配慮も抜かりない。「なるべくすっきりと見えるように」との要望から、生活感のあるものはすべて隠して収納できるようになっている。

No image

トイレの中もオール無垢材で仕上げるこだわりよう。間接照明で柔らかく空間を照らす。洗面台も造作。化粧台を兼ねたカウンターは広めにつくってある

No image

外壁は無垢の杉材とガルバリウムのコンビネーション。田園風景にシャープな佇まいが映える。木部は防腐。防蟻処理済

わが家のここがお気に入り

No image

[キッチン] 背面のカウンターと吊戸棚は源平杉で造作。圧迫感がないよう、カウンターの立ち上がりは低めにデザイン。冷蔵庫はリビングから見えない場所に収めている

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加