【写真特集】素材は鉛筆の芯、驚異の極小彫刻

【写真特集】素材は鉛筆の芯、驚異の極小彫刻

  • 新華社通信
  • 更新日:2021/10/14
No image

【写真特集】素材は鉛筆の芯、驚異の極小彫刻

河北省保定市淶水県南龐村に住む李明君さん(22)が鉛筆の芯に施した極小彫刻作品。(資料写真、石家荘=新華社配信)

【新華社北京10月14日】ゾウや牛などの動物、アニメキャラクター、防護服を着た人、漢字、精緻な彫刻作品を直径わずか1.5ミリほどの鉛筆の芯に彫る中国河北省保定市在住の青年、李明君さん。現在は、0.5ミリのシャーペンの芯にも挑戦している。鉛筆の芯に広がる、豊かな世界観をご覧あれ。

No image

【写真特集】素材は鉛筆の芯、驚異の極小彫刻

河北省保定市淶水県南龐村に住む李明君さん(22)が鉛筆の芯に施した極小彫刻作品。高校で美術を専攻していた李さんは、毎日教室で鉛筆を削っているうちに芯を使って創作することを思いついた。(資料写真、石家荘=新華社配信)

No image

【写真特集】素材は鉛筆の芯、驚異の極小彫刻

河北省保定市淶水県南龐村に住む李明君さん(22)が鉛筆の芯に施した極小彫刻作品。最初の頃は2Bの鉛筆を使っていたが、その後、芯が細めのHBや柔らかい8Bも試すようになり、さらには0.7ミリや0.5ミリのシャープペンシルの芯での作品作りにも挑戦するようになった。(資料写真、石家荘=新華社配信)

No image

【写真特集】素材は鉛筆の芯、驚異の極小彫刻

河北省保定市淶水県の李明君さん(22)。李さんは、鉛筆の芯を彫って作品を作る鉛筆彫刻の愛好家。(2月6日撮影、石家荘=新華社配信)

No image

【写真特集】素材は鉛筆の芯、驚異の極小彫刻

河北省保定市淶水県南龐村に住む李明君さん(22)が鉛筆の芯に施した極小彫刻作品。(資料写真、石家荘=新華社配信)

No image

【写真特集】素材は鉛筆の芯、驚異の極小彫刻

河北省保定市淶水県の李明君さん(22)が鉛筆の芯を彫って制作した作品。李さんは、鉛筆の芯を彫って作品を作る鉛筆彫刻の愛好家。牛をモチーフにした作品を創作した。(2月6日撮影、石家荘=新華社配信)

No image

【写真特集】素材は鉛筆の芯、驚異の極小彫刻

河北省保定市淶水県の李明君さん(22)が鉛筆の芯を彫って制作した作品。李さんは、丑年にちなみ牛をモチーフにした作品を創作した。(2月6日撮影、石家荘=新華社配信)

No image

【写真特集】素材は鉛筆の芯、驚異の極小彫刻

河北省保定市淶水県の李明君さん(22)が鉛筆の芯を彫って制作した作品。李さんは、丑年にちなみ牛をモチーフにした作品を創作した。(2月6日撮影、石家荘=新華社配信)

No image

【写真特集】素材は鉛筆の芯、驚異の極小彫刻

浙江省寧波市寧海県の寧波天虹文具の刃物メーカー、寧波興偉刀具科技で、製品を組み立てる従業員。同県は1980年代から文具産業の発展を推進しており、現在は文具メーカー400社余り、従業員2万人を擁する国内の重要な文具生産地となっている。(7月13日撮影、寧海=新華社記者/翁忻暘)

No image

【写真特集】素材は鉛筆の芯、驚異の極小彫刻

河北省保定市淶水県南龐村に住む李明君さん(22)が鉛筆の芯に施した極小彫刻作品。(資料写真、石家荘=新華社配信)

No image

【写真特集】素材は鉛筆の芯、驚異の極小彫刻

鉛筆の芯に極小彫刻を施す中国河北省保定市淶水県南龐村の李明君さん(22)が作品制作で使う道具。(資料写真、石家荘=新華社配信)

No image

【写真特集】素材は鉛筆の芯、驚異の極小彫刻

河北省保定市淶水県の李明君さん(22)が鉛筆の芯を彫って制作した作品。李さんは、丑年にちなみ牛をモチーフにした作品を創作した。(2月6日撮影、石家荘=新華社配信)

No image

【写真特集】素材は鉛筆の芯、驚異の極小彫刻

河北省保定市淶水県の李明君さん(22)が鉛筆の芯を彫って制作した作品。李さんは、丑年にちなみ牛をモチーフにした作品を創作した。(2月6日撮影、石家荘=新華社配信)

No image

【写真特集】素材は鉛筆の芯、驚異の極小彫刻

河北省保定市淶水県の李明君さん(22)が鉛筆の芯を彫って制作した作品。李さんは、鉛筆の芯を彫って作品を作る鉛筆彫刻の愛好家。牛をモチーフにした作品を創作した。(2月6日撮影、石家荘=新華社配信)

No image

【写真特集】素材は鉛筆の芯、驚異の極小彫刻

浙江省寧波市寧海県の寧波天虹文具の工場で、半自動手動式シャープナー(鉛筆削り)を製造する従業員。同県は1980年代から文具産業の発展を推進しており、現在は文具メーカー400社余り、従業員2万人を擁する国内の重要な文具生産地となっている。(7月13日撮影、寧海=新華社記者/翁忻暘)

No image

【写真特集】素材は鉛筆の芯、驚異の極小彫刻

浙江省寧波市寧海県で、鉛筆削りの設計について話し合う寧波天虹文具の研究開発スタッフ。同県は1980年代から文具産業の発展を推進しており、現在は文具メーカー400社余り、従業員2万人を擁する国内の重要な文具生産地となっている。(7月13日撮影、寧海=新華社記者/翁忻暘)

No image

【写真特集】素材は鉛筆の芯、驚異の極小彫刻

河北省保定市淶水県の李明君さん(22)が鉛筆の芯を彫って制作した作品。李さんは、鉛筆の芯を彫って作品を作る鉛筆彫刻の愛好家。牛をモチーフにした作品を創作した。(2月6日撮影、石家荘=新華社配信)

No image

【写真特集】素材は鉛筆の芯、驚異の極小彫刻

河北省保定市淶水県の李明君さん(22)が鉛筆の芯を彫って制作した作品。李さんは、鉛筆の芯を彫って作品を作る鉛筆彫刻の愛好家。牛をモチーフにした作品を創作した。(2月6日撮影、石家荘=新華社配信)

No image

【写真特集】素材は鉛筆の芯、驚異の極小彫刻

浙江省寧波市寧海県の寧波天虹文具の刃物メーカー、寧波興偉刀具科技で、設備の稼働状況を確認する従業員。同県は1980年代から文具産業の発展を推進しており、現在は文具メーカー400社余り、従業員2万人を擁する国内の重要な文具生産地となっている。(7月13日撮影、寧海=新華社記者/翁忻暘)

No image

【写真特集】素材は鉛筆の芯、驚異の極小彫刻

河北省保定市淶水県の李明君さん(22)が鉛筆の芯を彫って制作した作品。李さんは、鉛筆の芯を彫って作品を作る鉛筆彫刻の愛好家。牛をモチーフにした作品を創作した。(2月6日撮影、石家荘=新華社配信)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加