加藤清史郎『劇場版 ラブパトリーナ!』出演「少し違った僕が観られると思います」

加藤清史郎『劇場版 ラブパトリーナ!』出演「少し違った僕が観られると思います」

  • ORICON NEWS
  • 更新日:2021/02/21
No image

『劇場版 ポリス×戦士 ラブパトリーナ! ~怪盗からの挑戦! ラブでパパッとタイホせよ!~』(4月29日より全国公開)に加藤清史郎が出演 (C)TOMY・OLM/劇場版ラブパトリーナ製作委員会

俳優の加藤清史郎が、『劇場版 ポリス×戦士 ラブパトリーナ! ~怪盗からの挑戦! ラブでパパッとタイホせよ!~』(4月29日より全国公開)に、劇場版オリジナルキャストとして出演する。

【写真】劇場版オリジナルキャストとして柳沢慎吾も出演

『ポリス×戦士 ラブパトリーナ!』は、昨年7月よりテレビ東京系で放送中の特撮テレビドラマ「ガールズ×戦士シリーズ」の第4弾。キュートで可愛いガールズ戦士、ラブパトリーナの愛羽ツバサ/ラブパトピンク(渡辺未優)、柴原サライ/ラブパトパープル(山口莉愛)、青瀬コハナ/ラブパトブルー(山下結衣)、七色ソラ/ラブパトシャイン(杉浦優來)の活躍を描き、子どもたちの支持を集めている。今回の映画でも4人が大活躍。監督は「ガールズ×戦士シリーズ」全4作の総監督を務めてきた三池崇史が務める。

劇場版オリジナルキャストは加藤のほかに、柳沢慎吾の出演も決定。加藤と柳沢は2011年に放送されたドラマ『11人もいる!』(テレビ朝日)以来、10年ぶりの共演となる。

加藤は世界規模の事件を扱うインターポールの警部・愛川警部役、柳沢は愛川警部の相棒であり上司、インターポール所沢支部の署長・シンゴ署長役を演じる。ふたりは、怪盗に狙われたお宝「ラブダイヤモンド」を守るため、ラブパトに協力を依頼することに。おっちょこちょいな一面もあるが、仕事を愛している愛川警部(加藤)が警護中に敵のワルピョコ団によりラブを奪われてしまいラブゼーロ(敵)に。果たして、ラブパトは映画でも悪(ワル)をパパッとラブタイホできるのか!?

本作へのオファーを受け、加藤は「ラブパト、そして三池監督の作品にこうして携われることをとてもうれしく思いましたし、これまで演じることのなかった役柄に挑戦できることへのワクワクでいっぱいでした! 現場もいつも本当に賑やかで暖かくて、毎日がとても楽しみでした!!」と、快諾したそう。

実際、撮影も楽しかったようで、「愛川警部として、とことんおっちょこちょいしてきました。今までの僕とはまた少し違った僕が観られると思います! ラブゼーロにされて、ラブパトにたくさんワルいことをしてしまうけれど、ラブパトファンのみんな、みんなの愛で愛川警部を許してあげてください〜!」と、呼びかけ。

久しぶりに三池作品に参加して加藤は「『ポリス×戦士 ラブパトリーナ!』の世界観をとても大切になさっていて、監督の多大なるラブパト愛を撮影中は常に感じられていましたし、"とことんふざけるけれども、いたって真剣"というような、おふざけに対する監督の真摯な姿勢というのは、作品が変わっても変わらないのだなとも思いました」と話していた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加