自分に贈るご褒美に 大手メーカー最新「美顔スチーマー」3つを使ってみた

自分に贈るご褒美に 大手メーカー最新「美顔スチーマー」3つを使ってみた

  • マイナビニュース
  • 更新日:2022/11/25
No image

気が付けばもうすぐ12月。そろそろ今年も1年頑張った自分にご褒美を考えている人もいるかと思います。筆者が狙っているのは「美顔スチーマー」。今年も多くのメーカーから発売され、潤い補充だけでないハイスペックなものも目にするようになりました。その中から気になった最新美顔スチーマー3つを試してみました。

【検証】2万円以下で買える「コードレス掃除機」の実力は? Shark・マキタ・ツインバード使い比べレビュー

美顔スチーマーと言えば、おうちで簡単に美容ケアができる魅力的なアイテム。肌の乾燥が気になる今の時期や、今後の肌のことを考えて、スキンケアにプラスして取り入れたいと思っている人も多いはずです。自分に合うものを手に入れたいと思っても、たくさんの種類の中から選ぶのはなかなか難しいですよね。そして買って使ってみたら「思ったのと違う」となるのも避けたいところ……。

今回、購入前にお試し利用が可能な家電レンタルサイト「レンティオ」で、大手メーカーから発売されている最新美顔スチーマー3つをレンタルしてみました。

今回選んだのはこの3つ。

・YA-MAN「フォトケア」
・YA-MAN「ブライトクリーン」
・Panasonic「スチーマー ナノケア EH-SA70」

それぞれの特徴や使用感を紹介します。
YA-MAN「フォトケア」

■YA-MAN「フォトケア」
メーカー標準価格:66,000円
レンティオレンタル価格:月額5,400円、11月30日まで初月のみ6,000円
大きさ:高さ22.9×幅15.7×奥行15.7cm
重さ:1.6kg
使用できる水の種類:水道水、精製水、化粧水(ミストタンクのみ)
モード:7種類(スチーム、クリーン、モイスト、シルクスキン、トーンアップ、アイケア、ロング)
操作性:△モード設定が細かい
+αの機能:LED照射
角度調整:○
タンクの取り外し:○
電源コードの取り外し:×

高級感のある見た目で、使っているだけでも気分を高めてくれるYA-MAN(ヤーマン)の「フォトケア」は、温スチーム、冷ミスト、LEDによる光ケアに加え、アイケアモードを搭載し、繊細なケアができる逸品です。特徴の一つであるLEDは、安全で刺激が少ない美容法としてサロンでも人気の光美容にも使われているのだそう。LEDはモードごとに搭載され、7つのモードから気分やシーンに合わせて、自宅で本格的なスキンケアを可能にします。

通常の給水タンクに加え、ミストタンクも付属しており、ミストタンクには粘度の高いものでなければ化粧水を入れて使用することもできるのだそうです。

温冷の組み合わせでじっくりと肌をケアする“シルクモード”を試してみることに。給水タンクとミストタンクそれぞれに精製水を入れて電源を入れます。モードボタンを押してセットするのですが、ランプの色と点灯でモードを判断するため、なれるまでは説明書が近くに必要になりそうです。

モードボタンを押すとLEDが点灯し、しばらくするとほわほわと温かいスチームが出てきます。

スチームは顔だけでなくデコルテあたりまで広がるので、顔まわりをトータルでケアすることもできます。ふんわりと温かいスチームに包まれていると、一旦停止し冷たいミストに切り替わります。

しっとりと温まった肌に冷たいミストが吹きかかるのが心地よく、気分もリフレッシュできます。温冷の組み合わせを2回繰り返し約8分でモードが終了します。

「フォトケア」は7種類ものモードがあるので、その日の肌のコンディションやケアにかけられる時間によって選べるのが1番の魅力。モードを選ぶのは慣れるまで大変かもしれませんが、それぞれがどんなモードか知ることができるので負担にはなりません。また、スチームが当たる範囲が広いので顔まわりを含めてケアしたい人にオススメです。

YA-MAN「ブライトクリーン」

■YA-MAN「ブライトクリーン」
メーカー標準価格:39,600円
レンティオレンタル価格:月額3,000円、11月30日まで初月のみ2,700円
大きさ:高さ21.6×幅15.5×奥行16.1cm
重さ:1.35kg
使用できる水の種類:水道水、精製水
モード:4種類(ロングモード、スチームモード、バリアモード、クリーンモード)
操作性:○
角度調整:○
タンクの取り外し:○
電源コードの取り外し:×

シンプルで洗練されたデザインのYA-MAN(ヤーマン)「ブライトクリーン」は、毛穴ケアに特化した美顔スチーマーです。毛穴のディープクレンジングをはじめ、やさしいスチームが包み込むようにケアするソフトモードなど4つのモードを搭載。パワフルな大容量のW温スチームとシンプルな設計で男女問わず人気のスチーマーです。

電源を入れて、好みのモードのボタンを押すだけで、次第に温かいスチームが出てきます。

「ブライトクリーン」は他のスチーマーと比べるとスチームが濃密で力強さを感じました。顔全体をしっかりと包み込み、顔が温まるのが早く感じました。効率性もありながら、簡単な操作でいくつかモードが欲しい人にぴったりの美顔スチーマーです。
Panasonic「スチーマー ナノケア EH-SA70」

■Panasonic「スチーマー ナノケア EH-SA70」
公式オンラインショップ販売価格:39,600円
レンティオレンタル価格:月額3,800円、11月30日まで初月のみ3,420円
大きさ:高さ18.3×幅16.4×奥行19.9cm
重さ:1.6kg(本体のみ)
使用できる水の種類:水道水、精製水
モード:1種類(温スチーム)
操作性:○
+αの機能:アロマの香りを楽しめる
角度調整:○
タンクの取り外し:○
電源コードの取り外し:○

Panasonic(パナソニック)の「スチーマー ナノケア EH-SA70」は、アロマ・あかり機能を搭載し、濃密ダブルスチームにお気に入りのアロマの香りとあかりで、スキンケアしながらリラックスタイムを過ごせるスチーマー。付属のストーンに自分好みの精油を1〜2滴垂らして本体にセットします。

スイッチ一つでスチームがで始めるので、操作がシンプルで使いやすいのもポイントです。

スイッチをライトに持っていくと温かく優しいあかりが灯り、ゆっくりとミストが出始めます。少しすると精油の香りが漂い、温かいあかりとふんわりと包み込んでくれるスチームで癒されます。

スチームの強さも弱すぎず心地よく、ケアをしながらリラックスもできる幸福感を味わえます。また、使い終わった後にタンクだけでなく本体の水を捨てる時に、電源コードの取り外しができるので、些細なことではありますが水を捨てやすいのも魅力の1つのように思えました。

スイッチ一つで、おうちでの美容の時間を贅沢に過ごしたい人にオススメしたい一品です。

実際に美顔スチーマーを使ってみて、最新のものはスチーマー+αの機能も進化していることに驚きました。自分に合ったものを見つけられれば、よりおうちでの美容タイムが充実するのではないでしょうか。自分好みの機能やデザインの美顔スチーマーを気になる人はチェックしてみてくださいね。

吉川夏澄 よしかわかすみ アパレル、スポーツジムのインストラクターをなどを経験し、現在はOLライターとしても活動中。ファッションをはじめ、コスメ、スキューバダイビング、美食、辛いもの……など幅広い興味を記事として投稿中。 instagram : kassunne67 この著者の記事一覧はこちら

吉川夏澄

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加