業務スーパーのドイツ産ビターチョコとミルクチョコを食べ比べ!

業務スーパーのドイツ産ビターチョコとミルクチョコを食べ比べ!

  • LIMIA (リミア)
  • 更新日:2021/09/15

業務スーパーで売られている『ドイツ産ビターチョコレート』『ドイツ産ミルクチョコレート』をご紹介します。シンプルなパッケージがおしゃれなチョコレートは、ボリュームたっぷりでお買い得。ほどよく苦いビターチョコレートとちょうどいい甘さのミルクチョコレートはまとめ買いしたくなるおいしさです。

業務スーパーのドイツ産ビターチョコとミルクチョコとは?

No image

提供:LIMIA編集部

・商品名:ドイツ産ビターチョコレート/ドイツ産ミルクチョコレート
・価格:各124円(税込)
・産地:ドイツ
・内容量:100g
・カロリー:502kcal

お子さんのおやつやほっとひと息いれたいティータイム、お酒のおつまみにもぴったりの板チョコ。日本の板チョコと比べると海外産の板チョコはサイズも大きく、食べごたえも甘さも濃厚なタイプが多いもの。

業務スーパーではドイツ産の板チョコが手に入ります。ビターチョコとミルクチョコを並べてみると、どちらがビターでどちらがミルクかすぐ分かります。厚みもしっかりあって、パリッとかじって食べることができる国産メーカーの板チョコと比べると、1cm弱のしっかりとした厚みがありかじるのはややためらわれます。

業務スーパーのドイツ産ビターチョコとミルクチョコの味は?

No image

提供:LIMIA編集部

袋の上から割ってみると、パキッときれいに割れました。気持ちがいいほど上手に割れるので、食べる時も分けやすいのが魅力です。

No image

提供:LIMIA編集部

まずは甘みが少ないビターチョコレートから食べてみると、思っていたよりも苦味は少なめ。ほどよい甘みと苦味で食べやすくカカオの風味もしっかりと感じられます。

続いてミルクチョコレートを食べてみると、こちらはしっかりとした濃厚な甘みを感じます。それでいてしつこい甘さではなく、これぞミルクチョコレートというちょうどよさがあります。口どけもなめらかで、ひとかけでも満足感のある食べごたえです。

コスパのよさも魅力な業務スーパーのドイツ産チョコレート

No image

提供:LIMIA編集部

気分によって食べ分けたい業務スーパーのドイツ産ビターチョコとミルクチョコ。そのまま食べるだけでなく、カレーの隠し味に入れたり、手作りスイーツにプラスしたりとアレンジも楽しめるコスパのよさもうれしいポイントです。

板チョコなので場所も取らないので買い置きにもおすすめ。「甘いものが欲しい」「食べたい時に食べられるようチョコレートを常備しておきたい」そんな願いが叶います。

▼業務スーパー公式商品サイトで『ドイツ産ビターチョコレート』の詳細をチェック

▼業務スーパー公式商品サイトで『ドイツ産ミルクチョコレート』の詳細をチェック

業務スーパーにはどんな商品があるのか、おすすめ商品がもっと知りたいという方は、ぜひこちらの人気おすすめ商品40選もチェックしてみてくださいね。

2021年9月の業務スーパーの人気おすすめ商品40選!マニアのリピ買いランキングや便利な冷凍食品も

※店舗によって品ぞろえが異なり、在庫がない場合があります。
※掲載商品については予告なく廃盤、仕様変更等が発生する場合がありますので、あらかじめご了承ください。

LIMIA編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加