そうきたか?!男性に「好きなタイプを聞かれた時」の上手な答え方

そうきたか?!男性に「好きなタイプを聞かれた時」の上手な答え方

  • lamire
  • 更新日:2020/10/18

「それって…どういう意味で聞いてるの?」急に男性から好きなタイプを質問されたら、誰でも少しドキッとしちゃいますよね。相手の考えもわからず、どう答えたらいいかイマイチわからない…。今回はそんなときに役立つ、上手な答え方を伝授しちゃいます♡

(1)「優しい人」などの無難な答え

女性の多くが好みの男性の特徴として、「優しい」や「おもしろい」などのポイントを挙げますよね。好きなタイプを聞かれて困ったときは、それを利用させてもらいましょう♪当たり障りのないポイントを挙げることで、変に反感を買ってしまう危険性も回避できます…!ですが、もし話題として好きなタイプの話になっている場合は、いまいち盛り上がらないかもしれません…。

(2)「君って言ったらどうする?」

本当に質問してきた人のことがタイプなら、なかなか軽い流れで言えることではないですよね。だからこそ、誤解されにくい回避方法が「あなたみたいなタイプ」のような、わかりやすい冗談で本当の自分の答えを隠すことです♪話題としてもワッと盛り上がってくれるかも。年齢を重ねるにつれて、男女間の言葉遊びも増えてきますよね。冗談だとわかるように伝えれば、誰も嫌な思いをすることがなく大人なやり取りで会話が楽しめそうです。

(3)ネタ要素を取り入れてみる

人ではなく「物」で答えてみるのもおすすめです。たとえば、ふかふかでいつも包んでくれる「お布団」は、男女問わずみんな大好きですよね♡好みのタイプの返答として、「いつでも包んでくれるふかふかしたお布団みたいな人」のような返答もありですよ。みんな大好きなお布団なら、質問してきた男性本人でさえも「あ〜わかる!笑」とついつい共感してしまうかもしれませんね♪

(4)お決まりのハイスペックで答える

あまりにもお決まりすぎると、本心ではないことは相手に伝わります。冗談で言っていることが伝わるくらいに、ハイスペックなポイントを挙げてみましょう♪たとえば、「お金もち」「高身長」「イケメン」「優しい」など、人気俳優などの名前を挙げてみるのもいいですね。「そんな人いないよ〜」と笑いを取れちゃうかもしれないですよ。ですが、本心で言っていると勘違いされたときに、相手にとても悪い印象を与えてしまうので伝え方には注意したいところです。

困ったときは思い出して…!

お酒の席や、男女が集まったときには恋愛トークになることもしばしば。好きなタイプを急に聞かれても、返答に困っちゃいますよね。そんなときはこの記事を思い出してくださいね♪また、興味のない男性からのアタックだった場合、相手を諦めさせる手としても使えますよ。

▶合わせて読みたい

何それドキッとする…♡男性がときめく女性の「色っぽい仕草」4選

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加