ANAのパイロット 世界初「A320&超巨大機A380のダブル乗務」OKに エアバス機の特徴を活かす

ANAのパイロット 世界初「A320&超巨大機A380のダブル乗務」OKに エアバス機の特徴を活かす

  • 乗りものニュース
  • 更新日:2021/10/14

大小関わらずコックピットシステムを共通化

ヨーロッパの航空機メーカー、エアバスは2021年10月14日(木)、国土交通省航空局が、ANA(全日空)のA320ファミリー、そして「フライングホヌ(空飛ぶウミガメ)」と呼ばれる総2階建ての超大型機A380の混合乗務「Mixed Fleet Flying(MFF)」を承認したと発表しました。これにより、ANAは世界初のA380とA320ファミリーの混合乗務が可能となります。

No image

上がANAのエアバスA321neo、下がA380(乗りものニュース編集部撮影)。

エアバス社の旅客機の多くは「フライ・バイ・ワイヤ(電気制御で飛行するシステム)」が採用されており、機体の大きさにかかわらず、システムやコントロールパネル、操縦手順について共通化が図られているのが特徴です。MFFはこの点を活かし、資格を有したパイロットが1機種以上のエアバス機を並行し定期的に乗務できるというものです。

MFFの導入で、資格を有したパイロットは、ANAではおもに国内線などに用いられているA320ファミリーと、成田~ホノルル線など長距離を担当するA380のふたつに定期的に乗務できます。このことで、柔軟な運航や機材繰りが可能となり、生産性の向上が期待できます。

乗りものニュース編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加