【秋場所】貴景勝まさか... 物議醸した「変化」で若隆景に屈し5敗目

【秋場所】貴景勝まさか... 物議醸した「変化」で若隆景に屈し5敗目

  • 東スポWEB
  • 更新日:2022/09/23

まさかの結末だった。大相撲秋場所13日目(23日、東京・両国国技館)、大関貴景勝(26=常盤山)が関脇若隆景(27=荒汐)にはたき込まれて5敗目(8勝)。立ち合いで頭を下げて突っ込むと、かわした相手にはわされた。

前日は大関自身が立ち合い変化で幕内北勝富士(八角)から白星を挙げていたが、この日は真逆の結果となった。一瞬の勝負に館内は騒然。取組後、貴景勝は取材に応じることなく国技館を後にした。

一方、大関正代(30=時津風)は大関御嶽海(29=出羽海)を一気に押し出して3勝目(10敗)。力なく土俵を割った御嶽海は9敗目(4勝)を喫した。

東スポWeb

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加