新木優子がベストジーニスト賞、肌見せ&思い出のデニムで授賞式

新木優子がベストジーニスト賞、肌見せ&思い出のデニムで授賞式

  • MusicVoice
  • 更新日:2021/11/25
No image

永瀬廉(King & Prince)、新木優子、東野幸治、林原めぐみが25日、都内で行われた『第38回ベストジーニスト2021』授賞式に出席した。

最もジーンズが似合う有名人を決める、日本ジーンズ協議会が主催の賞。「一般選出部門」「協議会選出部門」「次世代部門」の3つの部門から選出・表彰が行われる。

今年度から新たに事前ノミネート形式の投票方法を導入した「一般選出部門」では、男性は永瀬廉(King & Prince)、女性は新木優子が選ばれた。

「憧れの賞でしたので嬉しいです」と喜ぶ新木はこの日、自前のデニムで登壇。

「海外のビンテージショップで買ったもので、試着してこれが良いと選んだ思い出のある」というブーツカットのデニムで、合わせるトップスはウエストが露になったもの。「肌が出ていると抜け感が出るので」とにっこり。

編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加