朝倉未来「3階級下のパンチは効かない」 9分間でメイウェザーを倒す明確なビジョン

朝倉未来「3階級下のパンチは効かない」 9分間でメイウェザーを倒す明確なビジョン

  • ENCOUNT
  • 更新日:2022/09/23
No image

“特攻”を示唆した朝倉未来【写真:(C)AbemaTV, Inc./RIZIN FF】

朝倉未来インタビューvol.5、天心戦との大きな違いとは

格闘技イベント「The Battle Cats presents 超RIZIN」(9月25日・さいたまスーパーアリーナ=ABEMAで昼12時から全試合完全生中継)のメインイベントでボクシングの“レジェンド”フロイド・メイウェザー(米国)とボクシング(に準じた)ルールでエキシビションマッチを行う、朝倉未来(トライフォース赤坂)は決戦を前に何を思うのか――。ENCOUNTではかつて“路上の伝説”と呼ばれた男にインタビュー。50戦無敗のレジェンドを相手にどんな“勝ち方”を想定しているのだろうか。本人の言葉をもとに紐解いていく。(取材・文=角野敬介)

◇ ◇ ◇

日本のファンにメイウェザーの印象を聞くと、ボクシングマニアでない限りは那須川天心戦を思い出す方が多いかもしれない。

2018年の大みそか、当時20歳だったキックボクシングの“神童”天心はメイウェザーに3度のダウンを奪われ、1R2分19秒で終了。エキシビションマッチだったため、正式な勝ち負けはつかないが、文字通り子ども扱いされた。

あれから4年。今度は未来が同じ場所でメイウェザーに立ち向かう。天心がほぼ何もさせてもらえなかった相手に、未来はどう戦うのか。

天心と未来ではどちらが強いかという話ではなく、明確に当時と違う点がある。体重だ。今回の試合に体重契約は設けられなかった。

RIZINではフェザー級(66キロ)で戦う未来にこの点について聞くと、「今回は減量ないですから、当日は77キロくらいで臨むことになる」と明かしてくれた。

さらに「メイウェザーが70ちょいしかないから、試合当日は3階級くらい下がると思うんですよ」と続けた。ボクシングなら3階級の差がある。

4年前の大みそかは前日計量で天心が62.1キロ、メイウェザーが66.7キロだった。試合当日はもっと大きな差があったと言われている。グローブハンデ(天心が8オンス、メイウェザーが10オンス)があったとはいえ、実際にメイウェザーも体格差を生かし圧力をかけていた。

未来もまた体格差を生かした戦い方をするつもりだ。「この体重でずっと練習してきたから、スピードも落ちていない。3階級下のパンチってあんまり効かないと思うから、もらいながら当てるっていう3分×3Rだからできると思う」とイメージを描いた。

メイウェザーは2021年6月にYouTuberのローガン・ポール(米国)とエキシビションマッチを行い、自身より15キロ以上も重かったポールを圧倒した経験はある。

それだけに未来との体重差など意に介していないのだろう。RIZINの榊原信行CEOによると、70キロ契約のプランもあったが、メイウェザーが体重契約なしをあっさりと飲んだという。

「このルールを利用して、勝ちにいきます。12Rだったらできないことなので」。被弾覚悟で前に出て、体格差で圧力をかけて、顔面に強烈な一撃をたたきこむ――。勝っても負けても“KO決着”を臨む未来がプランを遂行できるならば、面白い試合になることは間違いない。

角野敬介

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加