井上尚弥「パーフェクトゲーム」弟拓真が再起戦勝利

井上尚弥「パーフェクトゲーム」弟拓真が再起戦勝利

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/01/15
No image

5回、右ストレートを放つ井上(撮影・横山健太)

<プロボクシング:東洋太平洋バンタム級タイトルマッチ12回戦>◇14日◇東京・後楽園ホール◇日刊スポーツ新聞社後援

元WBC世界同級王者で挑戦者の井上拓真(25=大橋)がスーパーフライ級に続き、東洋太平洋2階級制覇を達成した。

19年11月、WBC世界同級正規王者ノルディーヌ・ウバーリ(フランス)との王座統一戦に判定負けして以来の再起戦で、同級王者栗原慶太(28=一力)に挑戦。体格で上回る王者に対し、スピードで対抗してポイントでリードし、9回にバッティングで左目上をカットした栗原の出血のためにレフェリーストップ。2分25秒、3-0の負傷判定勝利で新王者となった。

リングサイドで観戦したWBAスーパー・IBF世界同級王者の兄尚弥(27=大橋)は「1年2カ月ぶりの再起戦で、栗原選手との対戦でしたので、不安な気持ちもありましたが、結果はパーフェクトゲーム。拓真は拓真のボクシング。これが井上拓真の強さ。あとは倒すまでの流れをつかめばもっと伸びる。兄弟での世界王者目指して頑張っていきます」と所属ジムを通じてコメントした。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加