H・ジャックマンが語る、「ミッシング・リンク」は“人生で重要なものを見つける話”

H・ジャックマンが語る、「ミッシング・リンク」は“人生で重要なものを見つける話”

  • 映画ナタリー
  • 更新日:2020/11/20

公開中の「ミッシング・リンク 英国紳士と秘密の相棒」で主演を務めたヒュー・ジャックマンのインタビュー動画が到着した。

No image

ライオネルの人形を持つヒュー・ジャックマン。

すべての画像・動画を見る(全22件)

No image
No image

本作は「KUBO/クボ 二本の弦の秘密」で知られるスタジオライカが贈るストップモーションアニメ。映像内でジャックマンは、自身が演じた風変わりな英国紳士ライオネルについて「勇気があって冒険心にあふれているけど、少し抜けているところがあって、演じていてすごく楽しいんだ」と語る。探検家のライオネルがビッグフットの“Mr.リンク”と出会い、壮大な冒険をするストーリーに関しては「家族や真の友情など、人生で本当に重要なものを見つける話」と解説。また映画制作に「1日14時間、3~4年掛ける」というライカのクリエイターたちを「みんな映画を作ることが大好きなんだ」と紹介した。

クリス・バトラーが監督と脚本を担当した「ミッシング・リンク 英国紳士と秘密の相棒」は、東京・新宿バルト9ほか全国で順次ロードショー。

(c)2020 SHANGRILA FILMS LLC.

映画ナタリー

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加