中国人の目に映る「日本と台湾」はどれだけ似ているのか=中国

中国人の目に映る「日本と台湾」はどれだけ似ているのか=中国

  • サーチナ
  • 更新日:2021/01/13
No image

中国人の目に映る「日本と台湾」はどれだけ似ているのか=中国

日本による統治が50年続いた台湾。日本の文化や習慣の影響が残っているためか、訪台した中国人の多くが「台湾は日本によく似ている」と感じるようだ。中国の動画サイト・西瓜視頻で、ある中国人男性が「台湾と日本はそんなに似ているのか」と問いかける動画を配信した。

台湾に長く住んでいるというこの男性は、これまでも台湾の市街地などを撮影した動画を数多く中国向けに配信してきたようだが、配信するたびに中国人ネットユーザーから「まるで日本のようだ」というコメントが多く寄せられてきたのだという。

この中国人男性は日本を訪れたことがないようで、台湾と日本がどれだけ似ているのか、良く分からない部分があるようだが、配信者自身の見解としては台湾はあくまでも中華圏の一部であり、日本より中国の影響の方が大きいと考えているようだ。

しかし、この動画にも多くの中国人ネットユーザーから「台湾と日本は間違いなく似ている」という声とともに、その理由を述べるコメントが多く寄せられた。例えば「清潔で空気がきれいなところが似ている」、「青い空と緑豊かなところ」などの意見があった。また、「日本は台湾よりさらに清潔」という指摘もあったほか、「街に電線がたくさんあるところまで日本と台湾はそっくり」という声もあった。また、日本人と台湾人は気質も近いと言えるだろう。

ほかにも、台湾の親日ぶりを指摘するユーザーもいたが、実際に台湾では日本の名残りが色濃く残っており、あちこちに日本語が見られる。それだけ日本が好きということなのだろうが、同じ中華圏でも、中国人にこの心境はなかなか理解できないことだろう。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

村山健二

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加