楽天 異例の「2軍指名練習」 石井監督兼GMがリクエストし、直接視察

楽天 異例の「2軍指名練習」 石井監督兼GMがリクエストし、直接視察

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2022/06/24

楽天生命パークで23日、2軍若手野手4人の指名練習が行われた。メンバーは21年ドラフト1位・吉野創士外野手(18)、同3位・前田銀治外野手(18)、2年目の入江大樹内野手(20)、3年目の黒川史陽内野手(21)で、1軍戦がない本拠地で約1時間の打撃練習を行った。

No image

<楽天練習>入江(右)と話す石井監督(撮影・沢田 明徳)

この日は仙台市内でイースタン・リーグ、ロッテ戦もあったが、GMを兼ねる石井一久監督(48)が将来を担う若手の現状を確認したいと呼び寄せた。大村三郎スカウティングアドバイザー、後関昌彦スカウト部長らも入団から半年後の「伸び代」をチェックしていた。

久々にホームグラウンドの土を踏んだ吉野は「広くて気持ちがいい。練習だけではなく、1軍の舞台で活躍できるように頑張っていきたい」と気持ちよさそうに汗をぬぐった。4人を指導している雄平2軍打撃コーチは「ありがたく、ぜいたくな時間だった。選手は緊張して力みまくっていたけど、すごくいい経験だと思います」と話していた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加