なでしこジャパン、五輪初戦はカナダに1-1ドロー。先制許すもエース岩渕真奈が終盤に執念の同点弾!

なでしこジャパン、五輪初戦はカナダに1-1ドロー。先制許すもエース岩渕真奈が終盤に執念の同点弾!

  • サッカーダイジェストWeb
  • 更新日:2021/07/21
No image

日本は、岩渕が同点ゴールを決めた。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部/JMPA代表撮影)

東京オリンピック女子サッカーのグループステージ第1戦、日本対カナダが7月21日、札幌ドームで行なわれ、1対1の引き分けに終わった。

日本は序盤からカナダにボール支配を許し主導権を握られる。すると開始6分、右サイドを破られ、クロスを供給されると、相手エースのクリスティン・シンクレアがシュート。これはポストを直撃したが、こぼれ球をシンクレアに押し込まれ、ネットを揺らされた。カナダに先制を許してしまう。

日本はその後、2列目の長谷川唯や塩越柚歩、トップの岩渕真奈らにボールを集めて反撃を試みる。徐々にボールを保持する時間を延ばし、カナダゴールに迫っていくが、前半はリードを許して終了した。

迎えた後半、日本は菅澤優衣香に代えて田中美南を投入。この采配が奏功する。50分過ぎ、左サイドを抜け出した長谷川からクロスが入ると、これに反応した田中がペナルティエリア内で相手GKに倒され、PKを獲得する。しかし、キッカーの田中のシュートはGKステファニー・ラビーに阻まれゴールならず。

すると直後には左からのクロスを押し込まれるが、これはオフサイドでノーゴール。難を逃れた。しかし、日本はカナダの圧力に押され、防戦が続く。

それでも日本は75分に杉田妃和を投入すると、徐々にペースを取り戻しす。そして84分、日本は後方からのロングフィードに抜け出した岩渕が、相手GKの位置を見極めて右足のシュートを突き刺す。日本がついに同点に追いついた。

結局、試合はこのまま1対1で終了。日本とカナダが勝点1ずつを分け合う結果となった。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【なでしこジャパンPHOTO】東京オリンピックに挑む、選ばれし22選手を紹介!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加