大谷翔平、予想外のところで“危機一髪”相手選手の送球姿勢に緊急回避「しゃがんだw」「あぶねえ」

大谷翔平、予想外のところで“危機一髪”相手選手の送球姿勢に緊急回避「しゃがんだw」「あぶねえ」

  • ABEMA TIMES
  • 更新日:2021/09/15
No image

【米大リーグ】ホワイトソックス-エンゼルス(9月14日・日本時間15日 シカゴ/ギャランティード・レイト・フィールド)

【動画】大谷翔平、危機一髪のシーン

エンゼルスの大谷翔平投手が、ホワイトソックス戦に「2番・DH」で先発出場。2打席連続三振に倒れた後の第3打席は四球で出塁した。同打席では、ワイルドピッチで一塁走者が進塁した際に相手キャッチャーの送球を素早い動きで避けようとするシーンがあり、「ぶつけないでよ」「しゃがんだw」とファンの注目が集まった。

前日の試合で本塁打王争いの単独トップに立つ45号を放ったゲレロJr.を、1本差で追いかける立場となった大谷。再びトップに並ぶ一発に期待が集まったが、第1打席は豪快なフルスイングで空振り三振、第2打席も見逃し三振に倒れ、5回1死一塁の場面で第3打席を迎えた。

カウント0-1からの2球目、ホワイトソックスの2番手・ライトのチェンジアップが引っかかり、大谷の足元でワンバウンドするワイルドピッチに。一塁走者のフレッチャーが難なく二塁に進み、さらに三塁を伺おうとする中、キャッチャーのグランダルは一瞬見失っていたボールを拾うや否や、大谷の真後ろで牽制の送球モーションに入った。

背後から気配を感じた大谷は慌ててしゃがみ込むも、フレッチャーが二塁でストップしたためグランダルはボールを投げず。投手ではなく捕手から“死球”を受けかねなかった危機一髪のシーンに、ファンからは「ぶつけないでよ」「しゃがんだw」「あぶねえよ!」「びびった」といった指摘が相次いで寄せられた。

結果的にこのワイルドピッチで一塁が空いたことで、大谷は勝負を避けられ四球で出塁。その後、エンゼルスは満塁のチャンスを作ったものの無得点に終わった。
(ABEMA『SPORTSチャンネル』)

ABEMA TIMES

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加