ママ友の「すぐ慣れるよ」に母まで焦り、娘を苦しめてた?場面緘黙は誤解されやすいから

ママ友の「すぐ慣れるよ」に母まで焦り、娘を苦しめてた?場面緘黙は誤解されやすいから

  • LITALICO発達ナビ
  • 更新日:2021/10/14

同年代の子どもたちの集団に入れない

保育園以外の同年代の子どもたちの集まりに参加した次女。私や長女、周りのママたちの誘いもむなしく、結局一人で私のところに戻ってきてしまい、集団に全く入っていけません。

No image

Upload By まりまり

本人に聞くと、一緒に遊びたい気持ちはあるし、みんなも誘ってくれるのに、全くなじめないでいました。

何回同じメンバーと一緒になっても全く慣れない

私が長女の学童の役員をやっていて、役員が長女の友人たちのママさんばかりだったので、「子どもを遊ばせながら集まろう!」という流れになり、結構頻繁に集まる機会がありました。その度に、みんなで顔を合わせるわけですが、次女は何度行っても様子は変わらず…いつまでたっても周りになじめずにいました。

No image

Upload By まりまり

結局、私が役員をやっていた1年かかっても全く慣れずに、同年代の子たちと遊ぶことができませんでした…。集団の場には何とかいることはできるし、一人では何とか遊べてるけど、全くコミュニケーションを取らない・取れないといった状態でした。

周りの反応

No image

Upload By まりまり

周りのママたちもそんな娘を気にかけてくれて、

「引っ込み思案なんだね~」
「今日の帰りまでには慣れるよ!」
「子ども同士はすぐ慣れるって」
「何回か会えば慣れるよ」

という感じで私に声をかけてくれました。

No image

Upload By まりまり

結局1年経ってもほとんど慣れない次女を見て「保育園が違うからね~。学校行って毎日会えば、大丈夫だよ!」と、引き続き励ましの言葉をかけてくれました。(まあ、小学校に行ってさらに悪化するわけですが…。)

私自身の思い

No image

Upload By まりまり

よく言われる「子ども同士はすぐ慣れるよ」という言葉を、いたるところで耳にしていたせいか、私自身も勝手にそうと信じ込んでいました。次女自身を「引っ込み思案で慎重な子」とはもちろん分かっていましたが、「普通だったら子ども同士なんてすぐ慣れるはずなのに」と、自分の思い込みで、できない次女をもどかしく感じてしまっていたのでした。

場面緘黙は誤解されやすい

例えば、学校や保育園などの場で話せなくても、「先生とは何とか話せている」「授業は受けられている」「家ではできている」から大丈夫、できるはず、と思われることが多いし、私自身も、知らないときはそう思って、次女の行動をもどかしく感じることが多かったです。

ただ、場面緘黙は、一貫してどこでも話せない訳ではなくて、人や場所・状況によってコミュニケーションの状態が違います。

次女の場合、1年生の引っ越しを機に症状が強く出てきて2年生で診断となった訳ですが、その前からすでに今回のような家・保育園以外の場面では、びっくりするほど環境や人に慣れなかったな~と思いだされるのでした。

執筆/まりまり

(監修:三木先生より)
大人としてはどうしても「場所にも人にも慣れてコミュニケーションを取れる状態」を理想としてしまいがちです。次女ちゃんのような「自分の安心レベルに合わせた居場所の確保」の仕方もあって良いのかもしれませんね。

「小学校でやっていけない」遊べない、母から離れない娘に、焦りを感じて。場面緘黙と知らなかった年長のころ話したいのに話せない。息子の場面緘黙を知って私がしたこと緘黙症(かんもくしょう)とは? 話さないのではなく、話せない…症状、相談先、接し方まとめ

まりまり

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加