「芸能界で僕はクソゲー」というハリウッドザコシショウ、影響を受けた“あるゲーム”に宇多丸「ザコシさんの芸風と完全に一致している」

「芸能界で僕はクソゲー」というハリウッドザコシショウ、影響を受けた“あるゲーム”に宇多丸「ザコシさんの芸風と完全に一致している」

  • music.jp
  • 更新日:2021/11/26
No image

11月25日(木)と12月2日(木)のゲストはお笑い芸人のハリウッドザコシショウさん (1)

PlayStation(R)初の公式ラジオ番組として毎週木曜日 21:00 より TBS ラジオで放送中の“プレイステーション(R) presents 『ライムスター宇多丸とマイゲーム・マイライフ』”は、ゲーム好きで知られる人気ヒップホップ・グループ「ライムスター」 のラッパーである宇多丸と、ゲームを愛する著名人が「人生におけるゲームの影響」や、「あのゲームとの思い出」、 「今オススメのゲーム」など、ゲームについて楽しく語り合うトーク番組です。

11月25日(木)と12月2日(木)のゲストは、人気お笑い芸人のハリウッドザコシショウさん。強烈な芸風の通称「ザコ師匠」はいったいどんなゲームがお好きだったんでしょうか?

1週目に伺ったのは、ゲームとの出会いについて。ファミコン以前に人気を博していた「カセットビジョン」を買いに行ったところ、店員さんから「こんなのが新しく出てるよ」とファミコンを勧められたのがきっかけだったそう。そこからさまざまなソフトをやりまくり、なんとファミコン用のタイトルはほぼすべて遊んだことがあるとか。エピソードとしては、先輩のなだき武さんの『スーパーファイヤープロレスリング』の異常な強さや、シューティング自作ソフト『デザエモン』で作ったゲームで後輩芸人を騙した話など抱腹絶倒。格闘ゲーム『大仁田厚FMW』に登場するターザン後藤選手のモノマネを披露し、「本物がこんなのしてるの見たことない!」と力説しては爆笑を誘っていました。

そして2週目も引き続き過去のゲーム話。伝説的なゲーム『キテレツ大百科』のプレイ動画を見ながら宇多丸とふたりでツッコミまくる場面も。また自身が配信しているYouTube動画にも、あるゲームの影響が大きく表れているそう。自身で「芸能界で僕はクソゲー」というハリウッドザコシショウさんに対し、最後に宇多丸は、「不条理さ加減や、そっちのルールを勝手に押し付けられている感じがザコシさんの芸風と完全に一致している」と感心していました。

クラウド型ラジオサービス「ラジオクラウド」およびIPサイマルラジオサービス「radiko(ラジコ)」を使えば、PCやスマートフォンから無料で本番組を聴くことができます。

プレイステーション(R) presents
『ライムスター宇多丸とマイゲーム・マイライフ』
毎週木曜日 21:00〜21:30にて放送
番組公式サイト:http://www.tbsradio.jp/mygame/
番組ハッシュタグ:#game954

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加