東出昌大、杏との離婚問題その後は? 小倉優子、宮迫博之......コロナ禍で「トラブル解決の見通し立たず」の芸能人たち

  • サイゾーウーマン
  • 更新日:2020/05/19

5月19日発売の「週刊女性」(主婦と生活社)が、東出昌大の近況を伝えている。今年1月、「週刊文春」(文藝春秋)の報道により、3年にわたる唐田えりかとの不倫が発覚した東出は、杏と離婚に至るか、否かに注目が集まっていたが……。

「『週女』は、東出が5月中旬に実母とラーメン店を訪れたところをキャッチ。世間では現在、新型コロナウイルス感染症拡大の影響で“外出自粛”が呼びかけられていますが、東出はコロナ問題以前から、飲み歩くのを自粛しているとか。3月に開いた謝罪会見で、『(杏との)話し合いは今後も続けていく』と述べていたものの、4月には、杏が東出との離婚調停に向けて動き出したという報道が続出。今回、『週女』記者が“離婚の話は進んでいるのか”と問いかけても、東出は『申し訳ありません』と繰り返すばかりだったといいます。おそらくコロナ禍の影響で、離婚問題がペンディングとなっているのでしょう」(芸能ライター)

政府が4月に発令した緊急事態宣言は、5月に入って徐々に解除されているが、東出のように問題が保留となったまま、次の段階に進めない“訳あり”芸能人も多く存在するという。

「3月11日付の『サンケイスポーツ』によって、夫・S氏との別居が報じられた小倉優子もその一人です。昨年末にS氏が家を出て行ってしまい、小倉のほうは離婚を回避したがっているとも伝えられましたが、その後、状況は変わらず。歯科医であるS氏は、その後も営業を続けているようですが、小倉との離婚話に進展があったという話はまったく聞きません」(テレビ局関係者)

一方、夫婦が別居に至った原因について、当初“S氏が小倉に家庭へ入るよう求めたため”などとされていたが、S氏は同13日に『グッド!モーニング』(テレビ朝日系)で、その点を完全否定。これにより、「小倉側がマスコミに“リーク”した」という説が浮上した。

「小倉の所属事務所・プラチナムプロダクションに在籍する木下優樹菜が、姉とタピオカドリンク店のトラブルに首を突っ込み、『事務所総出でやりますね』などとメッセージを送っていたことが表沙汰になって以降、世間に『プラチナム=圧力をかける事務所』といったイメージが浸透。そのため、小倉の件でも『事務所が、夫に問題があるかのような印象操作を行ったのでは?』と疑われてしまったのです。かと言って、『小倉に非がある』という風潮になったかといえばそうでもなく、『サンスポ』報道と同日、ニュースサイト『文春オンライン』が、『仕事と育児に追われて食事の用意ができなかった小倉をS氏が怒った』と報じたことを受け、世間では『モラハラ夫かよ』との批判も噴出していました」(同)

離婚問題も、それぞれに対するバッシングも、今後どのように対応していくつもりなのだろうか。ほかにも、雨上がり決死隊の宮迫博之と蛍原徹の間で静かに勃発している問題も、解決の兆しが見えていない。

「宮迫は今年1月からYouTubeチャンネル『宮迫ですッ!【宮迫博之】』で活動していて、蛍原のほうはピンでテレビに出演し続けています。今後のコンビ活動については不透明なままで、4月28日、宮迫は『【質問コーナー】NGなしで宮迫博之が答えます!』という動画で、『(蛍原とは)コロナの騒動が収まったら、会っていろいろ話したい。その約束はしています』とコメントしており、やはり雨上がりも新型コロナの影響でコンビ間の問題がペンディングとなっています」(スポーツ紙記者)

しかし、一方で、宮迫はコロナ禍に関係なく、蛍原との話し合いから“逃げている”という指摘も。

「関係者によれば、宮迫と蛍原は、コロナが深刻化する前から話し合いの約束をしていたものの、宮迫のほうがキャンセルを繰り返していたそうです。宮迫は、まさに緊急事態宣言が出ていたゴールデンウイーク中にも、人気YouTuber・ヒカルと一緒に生配信をしていましたし、東京などの一部地域を除いて緊急事態宣言が解除された後も、ヒカルとのコラボ動画を公開している。業界内でも『先に蛍原と話し合うべき』『コロナを言い訳にして蛍原から逃げているのでは?』と批判されていますよ」(芸能記者)

問題を抱えた芸能人たちの“緊急事態”は、いつまで続くのだろうか。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

芸能カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
インスタで“乳首写真”を公開!? 女性芸能人のえっち過ぎるハプニング
吉高由里子、ブルーインパルス横の「もう1機」に疑問 防衛副大臣の答えは...
新谷真由、ふんわりバストがSEXYな白ビキニ披露
裏素顔が露呈か!? 竹内涼真、共演女優を撃ち抜いた“左曲がり巨根”のジゴロな威力
とある理由でウサギのお面を取りたくない転校生の少女。しかし、いじめっ子が無理やりお面を剥がしてしまい......
  • このエントリーをはてなブックマークに追加