衆議院きょう解散・総選挙は19日公示・31日投開票に

  • SBCニュース
  • 更新日:2021/10/14

衆議院はきょう午後の本会議で解散され、政府は夕方の臨時閣議で選挙の日程を今月19日公示、31日投開票と決めました。
県内5つの選挙区には、これまでのところあわせて11人が立候補を表明しているほか、1人が立候補の意向を示しています。
選挙戦では新型コロナ対策や、安倍政権や菅政権から続く経済政策、これまでの政権運営の是非などが争点となる見通しです。
長野市の市街地では、ワクチン接種やGoToキャンペーンなどのコロナ対策を評価する声があった一方で、政治自体にあまり期待していないといった声や、森友学園問題などの疑惑解明を求める声も目立ちました。

mosa

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加