札幌・ミシャ監督「妥当な結果」...湘南は3戦連続ドローで公式戦10戦負けなし

札幌・ミシャ監督「妥当な結果」...湘南は3戦連続ドローで公式戦10戦負けなし

  • ゲキサカ
  • 更新日:2021/05/02
No image

[5.2 J1第12節 湘南0-0札幌 レモンS]

J1第12節が2日に行われ、湘南ベルマーレはホームで北海道コンサドーレ札幌と対戦した。14位札幌と15位湘南の直接対決は0-0の引き分け。湘南は3試合連続の引き分けでリーグ戦は7試合無敗(2勝5分)。公式戦は10戦負けなしとした。

ホームの湘南は4月25日の清水戦(△1-1)から3人を入れ替え、MF中村駿、MF高橋諒、FW町野修斗が先発に復帰した。対する札幌は仙台戦(○2-1)から1人を変更し、FWジェイが今季初スタメンとなった。

強風の中で行われた一戦は、前半アディショナルタイムに札幌がチャンスを迎える。MF山田直輝にプレッシャーをかけたMF駒井善成がボールを奪取し、ショートカウンター。オーバーラップしたDF田中駿汰とのパス交換からMF金子拓郎が左足ダイレクトで狙ったが、これはGK谷晃生の正面を突いた。

札幌は後半10分、FKのサインプレーからDF宮澤裕樹がネットを揺らしたが、オフサイドの判定。その直後、湘南は右サイドをドリブルで持ち上がったFW町野修斗がシュートを打ったが、枠を捉えられなかった。

後半42分には湘南がCKの流れから、ゴール前のFWタリクがオーバーヘッドシュートを打ったが、惜しくもクロスバーをヒット。こぼれ球をDF大野和成がつなぎ、タリクが再びシュートを狙ったが、GK菅野孝憲がセーブした。後半アディショナルタイムにもMF岡本拓也がネットを揺らしたが、オフサイドの判定。チャンスを生かせず、0-0の引き分けに終わった。

札幌は今季初の連勝を逃したが、ペトロヴィッチ監督は「風の影響を大きく受けたゲーム。両チームとも思った戦いはできなかったと思う。選手たちは90分間よく戦ってくれた」としたうえで、「引き分けは妥当な結果だった」と振り返った。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!

●2021シーズンJリーグ特集ページ

●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

Gekisaka

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加