キッザニア東京に「マスク研究開発室」1/28-2/3登場

キッザニア東京に「マスク研究開発室」1/28-2/3登場

  • リセマム
  • 更新日:2022/01/17
No image

パビリオン外観(イメージ)

もっと画像を見る
キッザニア東京では2022年1月28日から2月3日まで「マスク研究開発ウィーク」を実施し、期間限定の「マスク研究開発室」パビリオンをオープンする。マスクの仕組みやフィルターの役割を学び、快適なマスクの研究・開発の仕事を体験できる。

国立科学博物館「ポケモン化石博物館」3/15より開催

「マスク研究開発室」パビリオンでは、子供たちが「マスク開発者」となり、風邪予防等に欠かせないマスクの仕組みやくしゃみ等で生じる飛沫の拡散量を減らすフィルターの役割を学びながら、快適なマスクの研究・開発の仕事を体験。また、自分自身の顔を鏡に映しながら鼻や口元付近を実際に計測し、自分の顔に適したマスクサイズを把握する等、正しいマスクの着用方法を身に付けられる。

開催期間は1月28日から2月3日。所要時間は約35分。定員は1回につき6名。なお、イベント期間中は、マスクに関するクイズラリーや、「観光バス」と「ラジオ局」の2つのパビリオンで「マスク研究開発ウィーク」を案内する限定アクティビティも開催する。

◆キッザニア東京「マスク研究開発室」パビリオン
期間:2022年1月28日(金)~2月3日(木)
所要時間:約35分
定員:6名/1回
給料:8キッゾ
成果物:マスク(ケース付き)

インターナショナルスクールフェア...東京駅丸ビル1/16

【春休み2022】APU、グローバルで密なオンラインプログラム...高校生募集

公認会計士による講座「ハロー!会計」小中学生対象

桑田あや

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加