オランダ代表通算46試合出場もEURO&W杯出場なし...... “ガラスの天才司令塔”の今後は

オランダ代表通算46試合出場もEURO&W杯出場なし...... “ガラスの天才司令塔”の今後は

  • theWORLD
  • 更新日:2022/06/23
No image

若くから評価されてきたストロートマン photo/Getty Images

代表デビューは20歳と早かった

元々の能力を考えれば、今もオランダ代表メンバーに入ることが出来ていたかもしれない。

怪我に苦しんできたオランダの司令塔といえば、32歳を迎えたMFケビン・ストロートマンだ。

20歳でA代表デビューを果たしているストロートマンは中盤から攻撃を組み立てられる選手で、2013年には日本代表との試合にも出場している。若い頃から高い評価を得ていた天才肌のパサーであり、今のオランダ代表にもストロートマンほどボールを散らせるレフティーMFはいないかもしれない。

だが、ストロートマンは度重なる怪我に悩まされてきた。今季もマルセイユからイタリアのカリアリにレンタル移籍していたが、怪我もあってリーグ戦10試合にしか出場できなかった。マルセイユとは契約を2023年まで結んでいるが、オランダ『Soccernews』はマルセイユ側がストロートマンを戦力とカウントしていないと見ている。

オランダ代表では通算46試合に出場してきたが、残念なことにストロートマンは1度もEUROとワールドカップを経験していない。EURO2012はメンバーに入っていたが、1度も出番はなく終了。2014年のワールドカップ・ブラジル大会はチームも3位に入っており、ストロートマンも選手として完成され始めていた。しかし、こちらは怪我で離脱。オランダはようやく今年のワールドカップ・カタール大会出場権を手にしたが、現状ストロートマンに割って入るスペースはないか。

同メディアはマルセイユとの契約を打ち切って母国オランダに戻る案も提示しており、エールディヴィジ復帰も選択肢に入れるべきだろう。このまま終わるにはもったいない選手だが、輝ける場所はあるか。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加