平安座島で初めての麦の収穫 小麦を島おこしに繋げよう!

平安座島で初めての麦の収穫 小麦を島おこしに繋げよう!

  • 沖縄RBCニュース
  • 更新日:2022/11/25

小麦の栽培を復活させたうるま市の平安座島で初めての収穫祭が開かれ、地域の人達に特製の沖縄そばが振舞われました。

【写真を見る】平安座島で初めての麦の収穫 小麦を島おこしに繋げよう!

平安座島では地域の活性化を目的に戦前に盛んだった小麦の栽培を自治会が中心となって復活させました。
島内の休耕地を使って去年11月に地元の子ども達が種まきをした小麦は順調に生育し、今年6月初めての実りでおよそ90キロが収穫されました。

先週開かれた収穫祭では、島内産の小麦が販売されたほか、この小麦を使った特製の沖縄そば250食が振舞われ訪れた地域の人たちなどが舌鼓を打ちながら初めての収穫を祝いました。

島民
「地元で穫れた小麦で作ったという所が非常に素晴らしいと思っています」

平安座自治会では小麦栽培が島おこしに繋がればと期待を寄せています。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加