朝倉未来はメイウェザーを倒せるか? 内山高志氏「メイウェザーにスイッチを入れさせるかどうかが鍵」【超RIZIN】

朝倉未来はメイウェザーを倒せるか? 内山高志氏「メイウェザーにスイッチを入れさせるかどうかが鍵」【超RIZIN】

  • TOKYO HEADLINE
  • 更新日:2022/09/22
No image

元WBA世界スーパーフェザー級スーパー王者の内山高志氏が9月22日、「超RIZIN」(9月25日、埼玉・さいたまスーパーアリーナ)で行われるフロイド・メイウェザー(アメリカ)vs朝倉未来(トライフォース赤坂)で朝倉がメイウェザーを倒すポイントについて「メイウェザーにスイッチを入れさせるかどうかが鍵」と語った。

この日、メイウェザーは都内で公開練習を行ったのだが、約21分間ほぼノンストップでミット打ちとサンドバックを行うというすさまじいもの。この練習を見た内山氏は「やっぱりすごい。軽くやっていることは分かるが、それでもすごい。スピードもあるし、体の動きにぶれがない。そういったところはすごいと思う。ほとんど休みなしだし」と感想を語った。

そして試合については「普通に考えたら朝倉選手にとっては厳しいですよ。パンチは当たらないですよ。今まで世界の名だたるボクサーのパンチが当たってないんですから。でも今回は朝倉選手は体が大きいし身長もある。メイウェザーも無理に倒すのではなく、無難にパンチをもらわずに3R、テクニックを見せようかなという感じで終わると思う。別にKOとかではなく」と予想。ただ公開練習で朝倉自身が語ったようにガンガン前に出た際には「メイウェザーもムキになって強い攻撃を出すかもしれない。逆にそうさせないと朝倉選手にチャンスはない。普通に距離を取ってジャブを突いて、ってやっていたらそのまま終わっちゃう。メイウェザーが前に出てきたらスキができる。出てこなかったらチャンスはない」と解説した。

No image

メイウェザーのパンチ力について語る際も「パンチ力はもともとある。もらったら朝倉選手も効いちゃう。でももらわないようにやろうと思ったら当たらない」とやはり朝倉がパンチを当てるのは難しいという判断。「後は朝倉選手のセンスに期待。まあ、触ることくらいはできると思う。ただクリーンヒットは難しいと思う」などと続けた。

45歳という年齢からくるメイウェザーのスピードの衰えについては「トレーニングを続けていればスピードの衰えはないと思う。スタミナは全く問題ないと思う」と語る一方で「反応が鈍ったり、打たれ弱さは年とともに多少は出てくると思う」とも。それでも「反応が鈍るといってもメイウェザーですから」と45歳くらいではまだまだその点も衰えというものはないだろうとの見方。

那須川天心がメイウェザーと戦った際に、那須川のカウンターが入ってからメイウェザーにスイッチが入り、早期の決着となったのだが、内山氏は「でもスイッチを入れさせないと普通に終わっちゃう。メイウェザーも流そうとする。メイウェザーにスイッチを入れさせるかどうかが鍵。スイッチを入れさせるために出た時にカウンターをもらう可能性もある。だから一か八か」と試合を分析した。

No image

またRIZINの榊原信行CEOは「未来にも一矢報いる術はあるはずだし、チャンスはあるはず。セオリー通りではないイレギュラーな中であの完璧なメイウェザーに一太刀入れることを望みたい。判定がないわけだから倒し倒される試合を見せてほしい。3分3Rが終わってにこにこ抱き合う姿なんかは見たくない。完全決着を望みたい」などと2人の試合に期待した。那須川との試合前からこれまでにメイウェザーの練習を4~5回見ているという榊原氏はこの日のメイウェザーの動きについて「全く変わらない。全く落ちてない。ルーティンでやっていることも変わっていない」と衰えを見せないメイウェザーの動きに舌を巻いた。

hmotoyoshi

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加