“アイドリングストップ無し”グレードを追加 納期短縮へ タントなどにダイハツ

“アイドリングストップ無し”グレードを追加 納期短縮へ タントなどにダイハツ

  • 乗りものニュース
  • 更新日:2023/01/25

納期短縮策としてのアイドリングストップ無し

ダイハツは2023年1月24日(火)、一部車種にアイドリングストップ(eco IDLE)非装着のグレードを追加し、4月11日から発売すると発表しました。

No image

「タント」シリーズにアイドリングストップなしグレードが新設される(画像:ダイハツ)。

対象車種は「タント」(福祉車両除く)、「タフト」「ムーヴ キャンバス」です。アイドリングストップレス仕様は各グレードで一律3万3000円安(メーカー希望価格、税込み)になります。これを設定することで、新車の納期短縮を図る狙いがあります。

ダイハツは、「世界的な半導体不足やコロナ感染拡大等の複合的な要因に伴う部品供給不足により、多くの車種で生産遅れが発生しており、これまでも代替部品への切り替えなど、様々な対策を講じてきました。しかし、依然として部品供給見通しが不透明であることから、一日でも早く商品をお届けできるよう新グレードを追加設定し、選択いただけるようにいたしました」としています。

乗りものニュース編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加