ダニエル太郎と日比万葉が全豪OP予選2回戦も突破。本戦入りまであと1勝に

ダニエル太郎と日比万葉が全豪OP予選2回戦も突破。本戦入りまであと1勝に

  • TENNIS DAILY
  • 更新日:2021/01/13
No image

現地12日の「全豪オープン」予選3日目。世界116位ダニエル太郎(日本/エイブル)と、世界182位日比万葉(日本/グラムスリー)が予選2回戦に勝利し、本戦入りまであと1勝とした。

今回の予選に日本勢は、男子が4人、女子が6人出場。4人が予選1回戦を突破していた。

そして3日目、カタール・ドーハでの男子シングルスでは、男子で唯一残っていたダニエルが世界209位マクシミリアン・マルテレル(ドイツ)に6-3、6-4で勝利。2年ぶりの同大会本戦入りに向け前進した。

同日のアラブ首長国連邦・ドバイでの女子シングルスには、日比、世界184位内藤祐希(日本/亀田製菓)、世界211位村松千裕(日本/グラムスリー)が出場。

日比は世界245位Katharina Gerlach(ドイツ)を6-3、6-4で撃破。次の予選決勝では、2015年「全米オープン」以来のグランドスラム本戦入りをかけて戦う。

内藤は世界187位クロエ・パケ(フランス)に6(3)-7、2-6で、村松は第20シードで世界135位アンナ カロリーナ・シュミドローバ(スロバキア)に4-6、3-6でそれぞれ敗れた。

現地13日にダニエルは世界204位エリアス・イーメル(スウェーデン)と、日比は世界155位カミラ・ラヒモワ(ロシア)と本戦入りをかけて試合する。

また「全豪オープン」公式サイトによると、ダニエルは予選決勝に向けて「明日は何が起こるかわからないから、とにかく健康でいて、楽しんで、トライして、あとお金を失くさないようにするだけだね」「でもトップ100に戻りたい。それが最初のステップだ。大会ごとにレベルを上げていきたい」と語った。

(テニスデイリー編集部)

※写真は2019年「楽天ジャパンオープン」でのダニエル太郎
(Photo by Koji Watanabe/Getty Images)

wu-sagan

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加